くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

黒船来航史その2

ペリー来航前の黒船史 異国船打払令、モリソン号事件など

19世紀前期(1800~1850)

関係地図

黒船来航解説地図_19世紀

1803年にイギリスで(アメリカ出身の人物が)蒸気機関で動く船・蒸気船航行を成功させました。しかしいまだ帆船(はんせん)が主流でした。以下、ペリー来航前・19世紀前期の黒船史を見てみましょう。

1.異国船打払令

1825年(文政八年二月)に異国船打払令発令。幕府が外国船の追放、上陸外国人の逮捕・射殺を命じました。

2.モリソン号事件

1837年7月にアメリカ商船・モリソン号が浦賀(横須賀市)に来航。この中には北アメリカに漂流した尾張の人三人がいて、日本の漂流民送還、日本との通商の可能性を打診しました。然しながら異国船打払令によりモリソン号は幕府と薩摩藩から砲撃されました。

日本から海外への漂流は18世紀(1701~1800年)106件、1801~明治維新1868年107件でした。

3.阿片戦争

1840~42年には、日本のお隣り清(中国)で阿片戦争がありました。これは清の阿片禁輸措置からイギリスと清国との間に起こった戦争。清国が敗北し、列強との不平等条約締結、中国の半植民地化の起点となりました。我等が宗主国の中国が敗北したとして、日本に大きな衝撃が起こりました。

4.ジョン万次郎

1841年にジョン万次郎(中浜万次郎)が鳥島(とりしま/現・東京都八丈支庁)へ漂着。アメリカの捕鯨船に救助されました。船長の好意により、英語や航海術を学び1851年に琉球を介して帰国。

5.薪水給与令発令

1842年に薪水給与令発令。阿片戦争の影響により異国船打払令を改め、異国船の来航に際して薪水(しんすい)や食料を給与し、対外的緊張緩和を図りました。

6.アメリカ捕鯨船受入れ

1845年4月(弘化2年3月11日)アメリカ捕鯨船マンハッタン号が鳥島で11人の日本人を発見。釜石から出発した南部藩難破船11人も救出し、日本へ来航。幕府は薪水給与令発令により漂流民を受け入れました。

7.東インド艦隊 初来日

1846年7月(弘化3年閏5月27日)東インド艦隊司令長官ビッドルが、交易を開くため浦賀に来航。幕府から国禁と告げられ退去しました。

8.日本初の英語教師

1848年6月 アメリカ・ラゴダ号船員15人が船長とトラブルを起こし箱館近辺に上陸。松前藩の役人に捉えられ長崎へ護送。うち一人は日本初の英語教師となりましたが、反面船員に踏み絵を強要しました。これによりアメリカ側は日本と協定を結ぶ必要があると考えました。

  

参考文献

後藤敦史『忘れられた黒船』(講談社、2017年)

黒船来航史

1.大航海時代/2.ペリー来航前の黒船史/3.ペリーとは

4.ペリー来航/5.阿部正弘の決断/6.日米修好通商条約

瓦版

蒸気船[図]現代語訳解読文

関連記事

/2019年1月7日 公開