くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. かわら版

かわら版その7

瓦版・黒船来航その1(現代語訳)

史料

蒸気船

※無断転載禁止

現代語訳

蒸気船/本名・フレカツト船

一 長さ68.4メートル・幅21.6メートル/ 一 帆柱3本、帆数11枚/一 ガラス製格子窓11.2メートル

一 大筒左右2段36挺/一 水車総鉄作り直径7.2メートル

一 この蒸気船は、元欧羅巴・イリギスの工夫(こうふ)によりアメリカへ渡り置かれたが、鳥獣を捕える網が裂けとげとげしく、人が多く死んだので川船・運送として船を使っていた。

しかし段々に蒸気の具合を考え近頃はもっぱら、蒸気船に用い諸国に渡るようになった。嘉永六年六月には、アメリカ合衆国より、大日本相州(現在の神奈川県)三崎沖(三浦郡三崎村)へ渡来する。

その勢いは、逆風・風雨を厭わず、あたかも龍が大海を渡るようである。

解説

黒船来航を伝える江戸時代の瓦版です。黒船来航は瓦版業者に取っては恰好のネタで、商魂たくましく多種多様に刷られ、今に残っているのでこれ以外にも目にした人も多いでしょう。

「フレカツト」とは船の名ではなく、軍艦のことを英語でフリゲートと呼びます。ペリー来航の頁と照合すれば、当瓦版に「嘉永六年六月」とあり、ペリー第一回訪日の様子を記していることがわかります。

この時のペリー艦隊すなわち東インド艦隊は、蒸気船サスケハナ号、ミシシッピ号。帆船(はんせん)・プリマス、サラトガ号の四隻です。瓦版の蒸気船はサスケハナかミシシッピということになりますが、わざわざ二番手のミシシッピを描くことはないだろうということで、サスケハナなんではないでしょうか。

「相州三崎沖」に渡来とありますが、この時の艦隊は三崎沖の東側にあたる浦賀沖(三浦郡浦賀村)に停泊しているはずなのですが、あれ?どちらにせよ三浦半島には変わりはありません。

それでは次ページにて、この瓦版のくずし字解読にチャレンジしてみましょう!

  

史料情報

  • 表題:蒸気船[図](フレカツト船図)
  • 年代:近世/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館寄託 増田家文書402
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

瓦版

1.かわら版とは/2.象見世物その1,3.その2,4.その3/5.虎見世物その1,6.その2

7.黒船来航その1,8.その2/9.アメリカ・ロシア人1,10.その2/11.オランダ人と貿易その1,12.その2

関連記事

黒船来航史

大航海時代ペリー来航前の黒船史ペリーとはペリー来航日米修好通商条約