くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. かわら版

かわら版その3

瓦版・象見世物その2-三獣の一

史料

象瓦版

※無断転載禁止

解読文

解読文

※無断転載禁止

現代語訳

中国の人は昔は、象を絵で見ただけで、象と名付けただけであり、俗に象はヲリハンヲと言う種類の一つで様々な色の象がいる。仏書には白象は四つの牙や六つの牙になるものがあるそうだ。象は兎、馬、象の三獣のひとつにして、まさに宇宙の聖獣である。

解説

文書の中に出てきた「三獣」という言葉について補足します。

三獣とは三獣渡河という仏語から由来します。三獣渡河は三乗の修行に深浅があることを兎(うさぎ)・馬・象が川を渡るさまにたとえたものです。

声聞乗(しょうもんじょう)は兎が水に浮いて水底に届かないように、縁覚乗(えんがくじょう)は馬の足が水底に達したり達しなかったりするように、菩薩乗(ぼさつじょう)は象の足が水底に達するように、それぞれ程度が異なるという意味があります。

  

史料情報

  • 表題:像見世物絵
  • 年代:文久 3.弥生.上旬/出所:一登斎芳豊画・仮名垣魯文訳誌/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書5780
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

瓦版

1.かわら版とは/2.象見世物その1,3.その2,4.その3/5.虎見世物その1,6.その2

7.黒船来航その1,8.その2/9.アメリカ・ロシア人1,10.その2/11.オランダ人と貿易その1,12.その2

関連記事

鯰絵:持丸たからの出船地震雷火事親父/はしか絵:はしか絵とは麻疹軽くする法麻疹養生心得方

麻疹養生之おしえ痘瘡麻疹水痘[養生法]はしか童子退治図麻疹養生伝麻疹厄はらひ