くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. かわら版

かわら版その8

瓦版・黒船来航その2(くずし字解読)

史料

蒸気船瓦版

※無断転載禁止

解読文

蒸気船・本名・フレカツト船

一 長サ三十八間巾拾二間/一 帆柱三本、帆数十一段/一 ぎやまん格子間戸十三間

一 大筒左右二段三十六挺/一 水車総鉄作り差渡し四間

一 此蒸気船は元欧羅巴イリギスノ工夫、して、アメリカへ渡りおく、綱古さけて、船をそば/゛\し、人多くしすゆへに、川ふね運そう、船につかへし所へ、段々じようのきぐわいをかんがい、近頃は、もつぱら車船に、もちへしゆへ、諸国にわたる

初て嘉永六年六月アメリカ合衆国ヨリ、大日本相州三崎之沖へ渡来ス其いきを逆風・ふう雨・雨ヲいとわず、あたかも龍の大海ヲ渡るがごとし

解説

史料の前半は、聞きなれない単位が出てきます。間は長さを表す単位で、1間は1.8メートルです。帆の数え方は、段(反)。挺は「チョウ」と読み、銃・刃物・墨かごなどを数える語で、現代表記では「丁」を用います。差渡しは直径のこと。綱古は網罟(もうこ)または罔罟(もうこ)で鳥獣を捕える網カ。

そばそばし(稜稜し)は、かどばっている、ごつごつしているなどの意味があります。車船(くるまぶね)は水車を回転させ船を推進させる蒸気船のことです。

  

史料情報

  • 表題:蒸気船[図](フレカツト船図)
  • 年代:近世/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館収蔵 増田家文書402
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

瓦版

1.かわら版とは/2.象見世物その1,3.その2,4.その3/5.虎見世物その1,6.その2

7.黒船来航その1,8.その2/9.アメリカ・ロシア人1,10.その2/11.オランダ人と貿易その1,12.その2

関連記事

黒船来航史

大航海時代ペリー来航前の黒船史ペリーとはペリー来航日米修好通商条約