くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. かわら版

かわら版その1

瓦版(かわらばん)とは 江戸時代の一枚新聞

史料

虎見世物/右 アメリカ・ロシア人

瓦版

※無断転載禁止

瓦版とは何か概要、歴史、特徴、作り方、売り方・値段などを解説します。

瓦版とは

瓦版(かわらばん)とは、江戸時代に摺られた、日本の新聞の元祖。しかし定期刊行ではなく、多くは半紙一枚刷りでした。

由来と歴史

その名は、①急を急ぐため、初期は粘土に文字や絵を彫り瓦に焼いて原版にした、②四条河原の興業を知らせる摺り物、③卑しい河原者が売り歩いていた、などによると言います。ともあれ瓦版と呼ばれるのは幕末期以降。売り手が大声で読みながら売ったことから、一般には読売(よみうり)と言われていました。

かわら版の第一号は、慶長二〇年(1615)大坂落城時の「大坂安部之合戦之図」「大坂卯年図」とされています。これらは幕府側の記事で埋められ、幕府が勝ったことを称えるものとなっています。

内容と特徴

その後マスコミという観念ができ、社会的に影響を持つようになりました。内容はニュース性に富んだもの多く、洪水・飢饉など天災等の速報から、仇討ちや役者の消息、象見世物等の娯楽まで多岐に渡ります。しかし一度に多数の一枚摺(いちまいずり)が出たのは安政二年(1855)江戸に起った大地震でした。

政治的ニュースは、幕府の禁圧をこうむることが多いですが、新将軍就任や外国使節来日などは報じることが認められていました。嘉永六年(1853)黒船来航後は、和宮降嫁や長州征伐など様々な事件が起こり、政治色を帯びたものが増加。

大部分は無届け出版により無刊記のため、日付および作者・画家の名がないのが少なくありません。

表現形式は、記事、災害地図、絵、戯文(ぎぶん)、鯰絵に代表される戯絵(ざれえ)などがあります。色は黒塗りが多く、多色摺もあり、袋付きで売られたものもありました。

作り方

  1. 事件が起きると、かわら版屋(はんや)が専門の執筆者に原稿を頼み、画家には絵を頼む。
  2. できた原稿は版木(はんぎ/木版)に貼り、彫師に掘らせて元版(げんばん)を作る。
  3. この版木に刷毛(はけ)で墨を塗り、刷屋が紙を当てて刷る。

大きな所では分業で、小規模のモグリなどは一人で一貫作業しました。

売り方、値段

事件ものの際物師(きわものし)は、昼間の呼び売りで「さあ、大変だ、大変だ!」と人を集め、内容をちょっぴり聞かせ気を持たせて売りました。

また頭に手拭を巻き粋な身なりで、一本箸で紙面をさしながら売るのは、唄もの師。美男が多く、美声で「よみうりは箸一本で飯を食ひ」と際物師と違った方法で人を集めました。

値段は、寛政一〇年(1798)一枚もの四(約50円)、安政五年(1858)二枚で一六文(一枚あたり八文=約100円)。しかし瓦版の大きさは様々で、一概に言えません。

  

参考文献

史料情報

左側

  • 表題:[寅見世物絵]
  • 年代:万延元/出所:一登斎芳豊画・仮名垣魯文述/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書5779
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

右側

  • 表題:[北亜墨利加ノ内合衆国并欧邏巴ノ内帝国魯西亜]
  • 年代:近世/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館収蔵 増田家文書399
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

瓦版

1.かわら版とは/2.象見世物その1,3.その2,4.その3/5.虎見世物その1,6.その2

7.黒船来航その1,8.その2/9.アメリカ・ロシア人1,10.その2/11.オランダ人と貿易その1,12.その2

関連記事

鯰絵_持丸たからの出船はしか絵とは麻疹軽くする法