くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. かわら版

かわら版その5

瓦版・虎見世物その1 現代語訳

史料

虎見世物瓦版

※無断転載禁止

解読文

来ル七月上旬より西両国にかねて奉御覧ニ入候/虎嘯生風 龍吟起雲

嘯て五月の 風やおこしなん 我君が代に わたる虎の子/一龍齋芳豊画

※本文の解読文は次ページ

現代語訳

タイトル

来る七月上旬より、を西両国にかねて御覧奉り入ります。

漢詩

うめき声を上げる虎の生風で、龍がうなり雲が起きる

和歌

うめき声を上げて五月の風をおこすだろう、天皇の治世に渡る虎の子は

画家

一龍齋芳豊

本文

虎を描く時は、その形は猫に似ている。これは、根拠ないことではない。唐では、虎を指して大蟲(たいちゅう/トラの別名)と言い、また山猫と名付けられているからだ。大人の虎の大きさは牛、子供は犬くらいである。容貌は猫に似て、尾や足は長く、全体に黒色の文様がある。眠る時は子供のようだ。

鳴き声を上げる時は風を起こし、憤怒すれば鉄石を砕く。これに対する者は、身命を相手の虎の腹に投げることになるだろう。反面、義の獣でよく人語を聴き分け感ずれば、害を加えようとする心を退け、却って虎は人の益になる。

時に万延元年庚申初夏にオランダ本国の通商官が、日本の新港横浜の地へ一疋の虎を持って渡って来た。そもそも虎に霊力があるだろうか。一度目に触れた輩は、悪病に犯される愁いなく、小児は疱瘡(はうそう)疹(はしか)を軽しく悪寒・発熱等を押え、癇癪等を鎮めると言えるだろう。

この霊獣を空しく思い、へき地の日本で飼われることの遺憾に絶えねば、このたび、いくらかのお代で彼の地より虎を買い求め、大都会の諸君子の御観賞に備えることはできない。

実に今昔未見の奇物、万里を隔てて異国の大猛獣を居ながらにして見られることは、泰平の御恩沢を受けた徳と言うのだろう。太夫元に代わって仮名垣魯文述

解説

動物の見世物の瓦版には下記のような特徴があるのが一般的です。

まず最初にその動物の生態や特徴を細かく述べ、その次にその動物を見ることによって病が治り、またご利益があることを宣伝し、最後にこの動物を見世物として出せるのも(幕府の)よい治世のお陰、という三段構成になっています。それでは次ページでこの瓦版の原文をみてみましょう。

  

史料情報

  • 表題:[寅見世物絵]
  • 年代:万延元/出所:一登斎芳豊画・仮名垣魯文述/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書5779
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

瓦版

1.かわら版とは/2.象見世物その1,3.その2,4.その3/5.虎見世物その1,6.その2

7.黒船来航その1,8.その2/9.アメリカ・ロシア人1,10.その2/11.オランダ人と貿易その1,12.その2

関連記事

鯰絵:持丸たからの出船地震雷火事親父/はしか絵:はしか絵とは麻疹軽くする法麻疹養生心得方

麻疹養生之おしえ痘瘡麻疹水痘[養生法]はしか童子退治図麻疹養生伝麻疹厄はらひ