くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その3

近江八景と和歌

史料

近江八景

※無断転載禁止

解読文・近江八景(あふみはつけい)并(ならび)和歌(わか) 

唐崎(あらさき)の夜雨(よるのあめ)

夜の雨に おとをゆづりて 夕かぜを よそに名たつる からさきの松

矢橋(やばせ)の帰帆(きはん)

真帆引て やばせにかへる 船はいま うち出のはまを あとの追風

粟津(あはづ)の晴嵐(せいらん)

雲はらふ あらしにつれて もゝ船も ちゝふねも浪の あはづにぞよる

此郎(ひら)の暮節(ぼせつ)

ゆきはなく ひらのたかねの 夕ぐれは 国のさかりに すぐる頃かな

石山(いしやま)の秋月(あきのつき)

石山や 鳰(いは)の湖(うみ)てる 月かげは あかしもすまも 外ならはかは

勢多(せた)の夕照(せきわう)

露しぐれ 寺やまとほく すぎ来つゝ 夕日のわたる 瀬田の長はし

堅田(かたた)の落雁(らくがん)

峯あまた こえて越路に まづちかき かたくになびき おつる雁かね

三井(みつゐ)の晩鐘(ばんしよう)

おもふその あかつきちぎる、はじめぞと まづきく三井の いりあひの鐘

解説

女大学の巻頭ページでは歴史上の見習いたい女性に続き、近江八景と和歌を紹介しています。

近江八景は琵琶湖岸の美しさを代表する8つの景勝地で、和歌は中国の洞庭湖における瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで明応9(1500)年、関白近衛政家・尚通父子が選定したと言われています。

解読文の和歌は史料右上→右下→の順で掲載しました。

  

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました