くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 百姓往来

百姓往来その2

仁徳天皇の仁政

史料

仁徳天皇の仁政-百姓往来

※無断転載禁止

左ページ 解読文

高(たか)きやに 登(のぼ)りてみれば 煙(けぶ)りたつ 民(たみ)の竈(かまど)は 賑(にぎは)ひにけり

右ページ 現代語訳

再板百姓往来の版木(はんぎ)は豊孝が所蔵

人皇(じんこう)十七代仁徳帝と申される方は、難波高津(大阪)に都を移された。この御君は大鷦鷯(おおさざき)の皇子と号(ごう)される。御弟皇(おんおとうとぎみ)稚郎子(わかいらつこ)と帝位の譲り合いが三年に及ぶ。されど兄皇がついに帝位に就かれる。

もとより慈しみの帝でいらっしゃれば、万民の貧苦を痛まれた。三年の間、民の課役を許され、お召し物が破れても新たに織らなかった。その徳は天に届き、風雨時に従い五穀豊穣にして、土着の民や百姓等は喜んで、貢(みつぎ)を奉じた。仁徳帝のお考えはことに麗しく、高台に登られ、民家の煙が豊な様子をご覧になる。

解説

史料に描かれている人物は、仁徳天皇陵古墳でお馴染みの仁徳天皇(にんとくてんのう)です。

どのような天皇なのか、史料右下に細かく書いてあるのですが、これがかなり難読でした。叡慮(えいりょ/天子のお考え)とか叡覧(えいらん/天子が御覧になること)とか、難しい言葉が並んでます。史料では十七代仁徳帝としていますが、国史大辞典によると仁徳帝は十六代天皇と伝えられています。

変体仮名を習得するには、左上の仁徳帝の和歌(新古今和歌集)がスラスラ読めるようになるのが理想的です。右ページの解読文は下に掲載しました。気になった方はご参考ください。

  

解読文(右ページ )

再板百姓往来豊孝蔵/人皇(にんわう)十七代仁徳帝(にんとくてい)と申奉(たてまつる)は、難波(なには)高津(たかつ)に都(みやこ)まし/\てげり、此御君(このおんきみ)は大鷦鷯(おほさじき)の皇子(わうし)と号(ごう)し給ふ

御弟皇(おんおとゝきみ)稚郎子(わかいらつこ)と昆弟(はらから)の御間(おんあいだ)、帝位(ていゐ)を譲(ゆづり)合ひ給ふこと三とせに及(およひ)し、されと兄皇(あにぎみ)にて坐(ます)をば、終(つひに)帝位(ていひ)を践(ふみ)給ふ

素(もと)より仁恵(にんけい)の帝(みかど)にておはしませば、万民(ばんみん)の貧苦(ひんく)をいたませ給ひ、三年(みとせ)のあいだ民(たみ)の課役(くわやく)をゆるし給ひ、御衣(きよい)藪(やぶ)るれ共、新(あらた)に織(を)らず

其徳(そのとく)天(てん)に応(をう)ぜしかば、風雨時(ふううとき)にしたかひ、五穀豊穣(ごこくふねう)にして、土民(どみん)百姓等(ひやくせいら)歓(よろこ)びて、貢(みつぎ)を献(たてまつる)りしかば、叡慮(ゑいりよ)ことにうるはしく

高台(かうたい)に登臨(のほらせ)給ひ、民家(みんか)の煙(けふり)豊(ゆたか)なるを叡覧(ゑいらん)ありて

史料情報

  • 表題:百姓往来
  • 年代:文政 3/出所:浪花禿帚子再訂 /宛所:西村屋与八外 /形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3384
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3./4./5./6./7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

願書(吉田市右衛門文書)

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと/5.村の人口減少/6.父の遺言

7.水害の影響/8.幕府へ貸付/9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名