くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 百姓往来

百姓往来その3

孝(こう)とは

史料と解読文

孝(こう)-百姓往来

※無断転載禁止

現代語訳

孝(こう):親には孝行すべきものと知っているといえども、今のこととは思わず、今日、明日、明後日と終(つい)にむなしく一生をくらすなり。

人の命は定めかたきものなれば、只(ただ)今日ばかりと思い、一日も早く孝行すべし。

歌に「今日のみと おもひて 親に つかふべし あすはたのみぞ さだめなき世に」

解説

百姓往来はまず、孝(こう)、弟(てい)、忠(ちゅう)、信(しん)の4つを説いており、当ページが孝(こう)の部分にあたります。

日本には今でも親孝行という言葉が深く根をおろしていると思うのですが、明日はどうなるかわからないので一日も早く孝行すべしとまで言われると、のけぞってしまうのは私だけではないでしょう。

  

史料情報

  • 表題:百姓往来
  • 年代:文政 3/出所:浪花禿帚子再訂 /宛所:西村屋与八外 /形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3384
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3./4./5./6./7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

願書(吉田市右衛門文書)

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと/5.村の人口減少/6.父の遺言

7.水害の影響/8.幕府へ貸付/9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名