くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 百姓往来

百姓往来その8

年貢の納め方、助郷

史料と解読文

年貢の納め方、助郷

※無断転載禁止

解読文

年貢者(ねんぐまいは)、口米共(くちまいとも)、赤玉青砕(あかたまあをくだけ)[註1]荒等(あらとう)、無之様(これなきよう)、遂(とげ)、吟味(ぎんみ)

米見(こめみ)・升取(ますとり)・名主立合(なぬしたちあい)、縄(なは)・俵(たはら)念入(ねんいれ)、御蔵納(おくらおさめ)、津出場(つだしば)之事(のこと)、別而(べつして)未進(みしん)無之様(これなきやう)、可心懸(こころがけべく)者也(ものなり)

将亦(はたまた)、御巡見(じゅんけん)、遵行(じゅんこう)之節(のせつ)、御伝馬者(おてんまは)、御領(ごりやう)・私領共(しりやうとも)、村々(むら/\)、定大助(でうおほすけ)遠村(ゑんむら)加助役(かすけやく)并(ならび)、助郷(すけこう)・問屋人馬(とひやにんば)、割触(わりふれ)順番(じゆんばん)宿(しゆく)

現代語訳

年貢は、年貢米の付加税ともに米のもみ等がないよう吟味して納めること。

米のよしあしを見分け、升を使ってはかり、名主が立合って、縄・俵は注意深く蔵に納め、(それから)年貢米を港へ輸送する。とりわけ滞納ないよう心懸けるべきこと。

役人が村々を視察してまわる時、公用輸送にあてた馬(伝馬)は、幕府領地・旗本領ともに、宿場に人馬が不足した時に補充を常に義務づけられた村(定助郷/じょうすけごう)、追加でその負担を補充する村(加助郷/かすけごう)、ならびに宿駅の助郷責任者(助郷問屋/すけごうといや)、人馬を各助郷村に割振り、お触れの順番(史料ここまで)

解説

前半は年貢の納め方、後半は助郷(すけごう)等について書かれています。年貢米は一度、村の蔵(郷蔵/ごうぐら)に保管し、郷蔵から年貢米を回送するための船積場所(津出場/つだしば)に移出します。詳しくは年貢の納め方をご参照ください。

  

補註

註1:赤玉青砕(あかたまあをくだけ):意味がわからない為、現代語訳はこの単語を省略した。

註2:史料は途中で切れている為、その次のページの史料をもとに、現代語訳は最後の二行はこちらで補てんした。

史料情報

  • 表題:百姓往来
  • 年代:文政 3/出所:浪花禿帚子再訂 /宛所:西村屋与八外 /形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3384
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3./4./5./6./7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

願書(吉田市右衛門文書)

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと/5.村の人口減少/6.父の遺言

7.水害の影響/8.幕府へ貸付/9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名