くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の暮らし

江戸時代の暮らし2

名主、組頭、百姓代とは 村方三役解説

目次

村の組織図村方三役名主組頭百姓代

参考文献江戸時代の繋がりと地域社会関連記事

村の組織図

村の組織図

村方三役

代官や郡奉行の指揮を受けて、一村の管理にあたる者を村役人と言います。幕府領では主に村方三役または地方(じかた)三役と称して、名主(庄屋)、組頭、百姓代が置かれました。

名主

名主(なぬし)は村の長です。役割は村方に関する一切の事務で、年貢の納入、道端堤防の普請、戸籍・転籍通行手形の発行村民の生活上の世話などです。名主は、それ相応の財力があります。名誉職なので名主給(名主の給料)は史料の通り、激務のわりに少ないです。

世襲で名主を引き継ぐこともありますが、村で選挙した結果、名主に選ばれることも多いです。名主はおもに東国で、庄屋(しょうや)は西国と呼ばれる傾向があります。北陸から東北の諸藩には肝煎(きもいり)といった所も多いです。名主の活躍については、吉田市右衛門文書をご参考ください。

組頭

組頭(くみがしら)は名主の補佐役で、村政事務を処理しました。組頭の名前の由来は、五人組の頭という意味だとも言われます。また地域によっては、組合頭、年寄などと呼ばれることもあります。

組頭は、村内で名主・庄屋につぐ高持百姓から選ばれるのが通例ですが、時には年番で勤めたところもありました。

百姓代

百姓代(ひゃくしょうだい)は、百姓の代表です。名主と組頭が代官と組んで悪さをしなよう、監視する役目にありました。また小前百姓(僅かな土地を耕作する農民)らが村役人へ要求や嘆願をする必要がある場合は、百姓代を通じて行うようになっていました。

  

参考文献

児玉幸多『近世農民生活史 (歴史文化セレクション) 』(吉川弘文館、2006年 )参照

江戸時代の暮らし

1.年貢の課せられ方 2.村方三役 3.五人組 4.男性家長 5.老後の生活 6. 仮の親子関係

7.子育てネットワーク

関連記事

百姓往来五人組前書村明細帳村入用帳村絵図鷹場