くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の暮らし

江戸時代の暮らし6

江戸時代の仮の親子関係 産婆や名付け親など

江戸時代は、自分の名前を生みの親以外に付けてくれる人々がいました。その背景を踏まえて解説します。

種類

  1. 取り上げ親:生まれた子を取り上げた産婆
  2. 乳親(ちおや):実母より先に新生児に乳を飲ませた女性
  3. 名付け親:家族以外で生まれた子に名前を付ける人
  4. 烏帽子親:元服する武家の男子に烏帽子をかぶせ、烏帽子名(=元服名)を付ける人

解説

江戸時代初期は、奉公人請状から見て取れるように、本家やよその大農家の家で住みこみで働いていた貧しい人々がたくさんいました。しかしそうした人々の中から独立したいと願う人々がたくさん現れました。

江戸時代中期あたりになると、そうした皆の願いが社会を変え、住みこみで働くのではなく独立して小さいながらマイホームを手にする人々が主流になってきました。

しかし本家から離れ小家族化が進むと、近くに親戚がいない家も増加。保護者が生みの親だけでは心細いということで、上記のように仮の親子関係が生まれました。

今、仮の親子関係を結んでいる家はとても少ないと思いますが、私の母の名は近所のおばさんにつけてもらったそうです。

参考文献

大藤修『近世村人のライフサイクル (日本史リブレット)』(山川出版社、2003年)参照。

江戸時代の暮らし

6.仮の親子関係 7.子育て 8.無尽 9. 10.代参講 11.印鑑文化

12.野菜 果物 13.加工食品 14.海産物

関連記事

妊娠_女大学右衛門兵衛・郎助・蔵・数字など