くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の暮らし

江戸時代の暮らし4

男性家長の役割

江戸時代、男性家長の責務と、その任に堪えなかった場合などについて解説します。

男性家長の役割

解説

江戸時代、士農工商という身分制度が一応ありましたが、家の中にも男性家長を頂点としたピラミッド――身分が存在していました。

江戸時代では、男性家長が中心となって介護の知識や技術を習得。家内の営みを統率するのが家長の役目だからです。家事や子育て医療、介護などの関する書物は、将来家長になる男性に向けられて書かれています。

江戸時代の人々の生き甲斐は家を守ること。一家の長とふさわしくない判断された家長は、隠居した父母が当主たる子を勘当します。婿養子なら離縁、家内の者や共同体・同族・親類が強制的に隠居させられます。かくして家の中の頂点に立つ家長は、それはそれで大変でした。

この男性家長は、介護はもとより育児も率先して従事。理由は女性は賢くないから、母親だけに任せてられないという考えがあったからです。

きほん的にその家の長男が家督を継ぎます。幕府の改革の一つに新田開発がありますが、次男以下はそうした新田村に活路を見出しました。

  

江戸時代の暮らし

1.年貢の課せられ方 2.村方三役 3.五人組 4.男性家長 5.老後の生活 6. 仮の親子関係 7.子育て

関連記事

男手形五人組前書一~ニ条/名前:左衛門右衛門兵衛・郎