くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 古文書概論

古文書概論その5

江戸時代の古文書の種類

江戸時代の古文書の種類

種類 伝達関係 書き方
支配 幕府↔領主↔役人↔名主 直筆で候文 法度(法令)、高札(掲示板)、人別送り状(戸籍の移動)、通行手形(パスポート)、(名主から役人へ願い)、村絵図五人組帳済口証文村明細帳村入用帳など。
権利 個人間 質地証文(田畑譲渡)、奉公人請状(労働契約書)、金子証文(領収書)、離縁状など。
私人 直筆で口語文または候文 日記、覚書(メモ)、遺言、家訓、私信など。
生活 版元→大衆 刷物(印刷物)で口語文(変体仮名 伊勢暦(カレンダー)、お札、おまじない、初等向け教科書:百姓往来女大学、育児書など。
娯楽 小説、かわら版(新聞)、はしか絵鯰絵ルポ浮世絵旅行マニュアル、料理本、植物図鑑など。

解説

江戸時代古文書といっても多種多様です。くずし字の学習を始める前に、江戸時代にはどんな古文書があるのか、全体像をつかみましょう。

分類にあたっては、江戸時代の平均的な村の本百姓Aさんを想定。彼が間接的に関わる文書や、や地主から借りて読むことが可能であろう書物(昔は書物は個人で買うのではなく廻し読みが基本)を思い浮かべて列挙。そうしてまとめあげたのが上の表です。

思いかげず、江戸時代と今現在と文書を取り巻く環境に余り変わりがありません。

法令、パスポート、領収書、離縁状から、日記、カレンダー、小説、新聞、料理本、図鑑…。現代にある文書や書物は、江戸時代にほぼ出揃っていることが上の表でわかっていただけると思います。

何が違うかといえば、ですますか候文か、活字かくずし字かという「書き方」が違うだけです。

それでは解読するのに一番難易度が高い文書は何だと思われますか?答えは私的関係の文書。個人の日記だとか手紙というのはいうのは、何が書かれているのか当てがつかず、乱文の場合も多く難しいです。

これと対象的なのは、支配・権利・生活関係の文書。例外もありますが、公的文書というのは、現在と同じく、わりと定型文書なのでフォーマットさえ覚えてしまえば、あとは応用みたいなところがあります。

娯楽関係も当てがつかないのですが、これらは版元が文字が苦手な人にも手に取ってもらえるよう、工夫をこらして商売している分、漢字には振り仮名付きのものも多く比較的読みやすいです。

古文書概論

1.古文書(こもんじょ)とは 2.特徴 3.文字の種類

4.書き方の歴史 5.古文書種類 6.最初に覚えること

7.くずし字の覚え方 8.学習方法その1 9.その2

10.書けなくてもいい? 11.漢文との違い 12.読む意義

関連記事

印鑑文化候の用例記号証文・手形の読み方