くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 古文書概要

古文書概論その10

くずし字は書けなくてもいい?

素朴な疑問

私は古文書初学者のころ、学習しながら思っていたことがありました。くずし字が読めても、書けないのは恥だと。くずし字が読めるのに書けないというのは理屈が通らないと。

結論からいうと、くずし字は書けなくてもいいです。恥でもなんでもありません(笑)。他の古文書に詳しい先生にも聞いてみたところ、書ける人はそうそういないと仰せでした。私の地元に、中国まで修業しに行った書の大家がいるのですが、この方はくずし字を通り越して甲骨文字まで書くことができるのでした。(笑)

さて、くずし字を書きながら覚えるというのも一つの学習法だと思うのですが、くずし字を書くのって結構難しいです。現行の漢字と字体が異なるので、何度も練習しないとなかなか書けるようにならないと思います。

また、一つの漢字に字体が異なるくずし字が複数あります。よってくずし字辞典を開いた際、どの字体のくずし字を優先的に覚えるべきなのか、自分自身で判断できないと書く練習といっても、なかなか要領を得ないかと思います。

私の教室の生徒さんには(上記の大家とは別の)書道の先生がいて、その方はくずし字が書けるようになりたいという動機で教室に通われているので、くずし字は書きながら覚えているようです。苦にならなければそれもよいでしょう。

私がくずし字を書く練習を始めたのは、講師をすることになって必要に迫られてから。よって古文書を学び始めてから一〇年以上経ってからになります。それで遅きに失したとは感じることはありません。

  

古文書概論

1.古文書(こもんじょ)とは/2.古文書の特徴/3.文字の種類/4.文字の書き方の歴史

5.江戸時代の古文書の種類/6.最初に覚えること/7.くずし字の覚え方/8.学習方法その1 9.その2

10.書けなくてもいい?/11.古文書の魅力/12.古文書資格取得/13.古文書を読む猫/14.古文書判定

関連記事

身近なくずし字

1.わりばしその1/2.のし/3.わりばしその2/4.日本酒/5.贈答品/6.お寺のお札

7.和菓子屋さんのロゴ1 8.ロゴ2 9.ロゴ3/10.和菓子その1 11.その2/12.鰹たたきのたれ

看板・扁額

1.鎌倉編その1 /2.鎌倉編その2/3.鎌倉編その3/4.川越編/5.昭和レトロ館

6.お寺の額(扁額)その1/7.お寺の額その2/8.御詠歌/9.江戸時代の女性の名前