くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 古文書概要

古文書概論その7

くずし字の覚え方

はじめに

漢字は中国から輸入した文字、仮名は漢字を元に作られた日本固有の文字。

そのため文字をくずすと変体仮名と漢字のくずし字、どっちで書いているのか前後関係を見ないとわからないことが結構ありますが、現行の平仮名と常用漢字を覚えた時のように、きちんと区別して学習しましょう。

また変体仮名と漢字のくずし字、どちらが簡単とか難しいとかはないので、どちらを先に学習してもいいし同時並行で学習してもよいです。

くずし字の覚え方 10ヶ条

変体仮名

  1. 変体仮名は、その字体の元となった漢字と一緒に覚えよ。
  2. 変体仮名を習得できたかは、現在使っている平仮名の元となった漢字がスラスラ言えるかどうかが目安となる。例:あ→安、か→加、に→仁、ふ→不など。

漢字のくずし字

  1. 漢字のくずし字の元の字体は、現在使っている常用漢字ではなく「異体字(旧字)」。
  2. 頻出漢字は記号化する。逆にいうと記号化した文字は頻出漢字と心得よ。
  3. 使用頻度の少ない漢字は、余りくずされないので覚える必要が特にない。
  4. 画数の多い字体は"因数分解"読み。新は立+木+斤、騒は馬+又+虫、は示+曲+豆など、思いのほか単純な字体の組み合わせであることに気付くハズ。

解読実践

  1. メールと同じでいきなり本文を読まない。まずはじめに①所蔵元(住所)、文末にある②日付③差出人④宛名の四点をもって文書の身元確認を行うべし。
  2. くずし字は読めれば、書けなくてもいい
  3. どんな文書であろうが、解読したら必ず現代語訳を作成すること。
  4. その際、古文書には主語がないので主語は自分で考えて補うこと。

解説

手が滑って二〇数年のノウハウをうっかり無料公開してしまいました。(笑) えー、そんなことか、と言うことなかれ。当たり前のことがわからず遠回りしてしまうことってありませんか?

上記のくずし字の覚え方は、私が普段教室で教えている生徒さんがよく躓いてしまう所なども踏まえて作成。古文書が読めるようになるには実際に古文書を読み、経験を積んでいくしかないので、くずし字の覚え方に解読実践の項目も設けました。

ちなみに所蔵元を明記していない文書は読むに値しません。無断転載?みたいな。私の教室のある埼玉県入間市は、縄文時代のころは大都会だったようで土を掘ればやたら縄文土器が出てきますが、そこには九州とか東北からの出土とはまた違った意味があるわけです。古文書も同じです。

さて教室では、私は生徒さんに現代語訳を必ず作ってもらってます。くずし字の解読といっても江戸時代語(古典語ないし候文)は現代語訳を作らないと99%意味が通じません。せっかく解読できても意味が通じないと勿体ないです。

また現代語訳を作っている過程で、解読文の間違いも発見できたりして一石二鳥!けだし面倒くさい作業ではありますが、だまされたと思って作ってみてください。

  

古文書概論

1.古文書(こもんじょ)とは/2.古文書の特徴/3.文字の種類/4.文字の書き方の歴史

5.江戸時代の古文書の種類/6.最初に覚えること/7.くずし字の覚え方/8.学習方法その1 9.その2

10.書けなくてもいい?/11.漢文との違い/12.古文書の魅力/13.古文書資格取得

14.古文書を読む猫/15.向いているかな判定/16.学習チェックリスト

関連記事

証文・手形の読み方候の用例辞典古文書の記号/『くずし字用例辞典