くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 活動記録

活動記録

古文書入門教室のご案内

概要

産業文化センター
入間市産業文化センター
  • 日時:月2回 木曜日
  • 場所:入間市産業文化センター
  • アクセス:西武池袋線入間市駅より徒歩約12分
  • レベル:基礎
  • 期間:通年(3ヶ月更新)
  • 特典:資料代無料、コーヒー/紅茶付き
  • 主催・講師・事務局:全て宇野藍子
  • お申込み・お問い合わせ:メールフォーム

古文書解読の仕方をやさしく丁寧に解説します。仲間との交流を楽しみつつ、江戸時代の暮らしや文化を覗いてみませんか?

現在受講生は9名の男女。お住まいの地域は市内はもちろん所沢市、また行田市と遠方からもお越しいただいています。年齢層は50~70代、フルでお仕事されている方もいらっしゃいます。

全くの初学者大歓迎。途中からのご入学でも問題ありません。ご興味がある方はお問い合わせいただければ、開講日時や受講料など詳細をご案内いたします。まずは体験入学しに気軽に遊びに来てね♪

ごちゅうい:回をまたいで一つの史料を丁寧に読み込んでいくため、初めからポツポツお休みすることが前提ですと、ご対応が難しいです。予めご了承ください。

第37回 2019.07.04(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:Bさん
  • 尾州鷹場法度(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書 M-1-14)第九条 現代語訳、第八条の復習
  • 同史料本条結び 解読文答え合わせ。現代語訳の作成、テーブルごとに話し合い。

エピソード

2、3日前から関東で大雨の恐れとTVで報じられ、心配しながら当日を迎えました。傘をさせば問題なく歩ける程度の雨でおさまったのでほっとしました。

近況報告でBさんは、通われている行田市の市民向け講座についてお話くださいました。そこで地域の歴史(忍藩領)についてチームで調べることになったそうです。

行田市は昔、酒屋がたくさん立ち並んでいたことに関連して、吉田市右衛門の話をしてくれた人がチームのなかにいたとのこと。以前学んだことは、いろんなところで繋がっているんですね。涙!

これを聞いて、吉田市右衛門って何でしたっけ、やりましたっけ?と首をかしげるSさん(笑)。そこでYさんが、教室でお配りした全ての史料が綴じられている超分厚いファイル(!)から、吉田市右衛門の史料をSさんに見せてあげてました。いろいろとほっこり~

さて授業では、史料本条結びの現代語訳について、最初は一人で作成してもらい、そのあとテーブルごとに話し合ってもらったのですが、様々な意見が飛び交い、みなさん楽しそうでよかったです。♪

これ以前の教室の活動記録

  

関連記事