くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 活動記録

活動記録

古文書入門教室のご案内

概要

産業文化センター
入間市産業文化センター
  • 日時:月2回 木曜日
  • 場所:入間市産業文化センター
  • アクセス:西武池袋線入間市駅より徒歩約12分
  • レベル:基礎
  • 期間:通年(3ヶ月更新)
  • 特典:資料代無料、コーヒー/紅茶付き
  • 主催・講師・事務局:全て宇野藍子
  • お申込み・お問い合わせ:メールフォーム

古文書解読の仕方をやさしく丁寧に解説します。仲間との交流を楽しみつつ、江戸時代の暮らしや文化を覗いてみませんか?

現在受講生は9名の男女。お住まいの地域は市内はもちろん所沢市、また行田市と遠方からもお越しいただいています。年齢層は50~70代、フルでお仕事されている方もいらっしゃいます。

全くの初学者大歓迎。途中からのご入学でも問題ありません。ご興味がある方はお問い合わせいただければ、開講日時や受講料など詳細をご案内いたします。まずは体験入学しに気軽に遊びに来てね♪

ごちゅうい:回をまたいで一つの史料を丁寧に読み込んでいくため、初めからポツポツお休みすることが前提ですと、ご対応が難しいです。予めご了承ください。

第41回 2019.09.5(木)午後

カリキュラム

  • 近況報告:Nさん
  • 尾州鷹場法度(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書 M-1-14)前回のおさらいと、文末の鑑札の現代語訳答え合わせ
  • 尾州鷹場挑灯の取り扱い(小平市図書館図書館所蔵 當麻家文書 M-1-12,11)の解読、一行目答え合わせ

エピソード

近況報告でNさんが、思い出の高知県室戸岬に行った時のお話しをしてくださいました。Yさんも行ったことがあるとのこと、地平線がこれまた美しいようで、目に浮かぶようでした。というかMさんはまだか。

教室に来る前Bさんが、(隣りの)図書館でMさんを見たというのに、授業始まっても何故か来ない!Nさんの近況報告が終わったあとにやっと登場。古墳系の本に?熱中しすぎていたのかな?(笑)

さてこの日、数ヵ月かけて読み込んだ尾州鷹場法度九箇条の解読が都而完了。みなさん、飽きもせずにお付き合いくださったわけですが、私自身みなさんからの鋭いご指摘の数々で改めて深い読みができました。涙!

授業の中後半から、新しい史料の解読に挑戦していただきました。鷹場法度をせっかく読み込んできたので、鷹場役人の御用留から鷹場用の挑灯の取り扱いについて記した文書です。♪

これ以前の教室の活動記録

  

関連記事