くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 看板・扁額

看板・扁額

秩父市金昌寺の扁額くずし字解読

埼玉県秩父市 金昌寺(きんしょうじ)に江戸時代に作られた扁額(へんがく,細長い額)を見つけました。変体仮名で書かれており、解読に挑戦してみましょう。

史料

秩父・金昌寺の御詠歌

解読文

四ばん 荒木寺

あらたかに まいりておがむ くわんぜおん 二世あんらくと たれもいのらん

江戸神田 横大工町 講中/享保十一歳 丙午 三月吉日

現代語訳

(秩父札所)四番、(金昌寺別名)荒木寺

光り輝く霊妙なご利益に、参り拝む観世音、現世と来世とが安楽であることを誰もが祈るだろう

江戸神田横大工町(現在の東京都千代田区神田多町2丁目、司町2丁目)の講を結んで神仏に詣でる者たちが、この御詠歌を奉納します。

享保十一年(江戸中期)丙午(ひのえうま)三月吉日

解説

御詠歌とは

この額に刻まれている文は御詠歌(ごえいか)。御詠歌とは、巡礼がうたう仏をたたえる歌のことです。

単語pickup

  • あらたか:神仏の霊験や薬の効き目がいちじるしいこと。
  • 二世あんらく:二世安楽。現世と来世とが安楽であること。
  • 講中を結んで神仏に詣でる連中。

それでは次ページにて、この御詠歌を奉納した人々の名前も解読してみましょう!

  

看板・扁額

1.鎌倉編 蕎麦屋 日本料理 2.和食屋 和菓子店 3.薬局、旅館、酒屋 4.川越編

5.青梅 昭和レトロ館 6.京都 広隆寺 7.奥州市 社寺 8.秩父 金昌寺 9.江戸時代の女性の名前

関連記事

お札の解読無尽金 借入れ証文享保の改革