くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 看板・扁額

看板・扁額

鎌倉くずし字看板その1 蕎麦屋、日本料理など

神奈川鎌倉市にはお寺だけでなく、変体仮名異体字(旧字)で書かれたアンティークな看板やのれんなどがたくさんあります。読めるかな?

問1

生そば

生そば

「そ」は「楚」、「ば」は「者」をくずした変体仮名。全国各地のおそば屋さんで、よく見かけるくずし字。

問2

生そばお食事

生そばお食事

「そ」のくずし方は問2とほぼ同じ。

問3

うなぎ

うなぎ蒲焼

「な」は「奈」をくずした変体仮名。現行の平仮名「な」も「奈」をくずした字体。

問4

ひさ本

ひさ本

小料理屋。写真の「さ」も、現行の平仮名「さ」も元の字は「左」をくずしています。難読。

問5

いし橋

いし橋

蕎麦屋。写真の「い」も現行の平仮名「い」も元の字は「以」をくずしています。「し」は変体仮名「志」で、現行の平仮名「し」は「之」をくずした字体。

問6

みつはし

みつはし

蕎麦屋。「し」は「志」をくずした変体仮名です。「し」だけが漢字表記のようにも見えますが、全て仮名で書かれています。

問7

峰本

峰本

蕎麦屋。「本」が少しくずされています。

問8

なか川

なか川

日本料理屋。「な」は「奈」、「か」は「可」をくずした変体仮名。くずし字とはいえ、仮名で「なか」と書かれた横に更に仮名を振るという、ありそうでない珍しい看板だと思います。

  

看板・扁額

1.鎌倉編 蕎麦屋 日本料理 2.和食屋 和菓子店 3.薬局、旅館、酒屋 4.川越編

5.青梅 昭和レトロ館 6.京都 広隆寺 7.奥州市 社寺 8.秩父 金昌寺 9.江戸時代の女性の名前

関連記事

文字の書き方の歴史冬衣売出し広告御蒸菓子所広告御鼻紙袋・煙草粉入