くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 看板・扁額

看板・扁額

鎌倉くずし字看板その3 薬局、旅館、酒屋など

前項からの続きで、鎌倉市の異体字(旧字)や変体仮名で書かれた看板やのれん集 問17~21です。

問17

佐野薬局

佐野薬局

「藥」は「薬」の異体字。江戸時代の薬も参照のこと。

問18

八勝堂

八勝堂

鎌倉彫の製造や販売をしているお店。「勝」のくずし字は難読ですが、古文書頻出の字体。江戸時代の物作りも参照のこと。

問19

社頭

社頭 シャトウ

和紙専門店。「社」はなんとなくわかるかと思うのですが、「頭」のくずし字は理屈抜きで覚えるしかないです。こちらの証文のように「頭」は組頭としてよく使われます。

問20

三河屋

三河屋

酒屋。右から左に書かれている。「河」は、かなりくずされていて難読。

問21

旅館 対僊閣(たいせんかく)1

旅館 対僊閣(たいせんかく)

」は対の異体字。「僊」は仙の意味があり、「僊」の略体(俗字)が仙。

旅館 対僊閣(たいせんかく)2

上記「対僊閣」外観。明治期に創建された古い旅館です。江戸時代 宿泊の心得も参照のこと。

看板・扁額

1.鎌倉編 蕎麦屋 日本料理 2.和食屋 3.薬局、旅館 4.川越編

5.青梅 昭和レトロ館 6.京都 広隆寺 7.奥州市 社寺

8.秩父 金昌寺 9.江戸時代の女性の名前

関連記事

済口証文_アルコール依存駄馬の種類無宿