くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 身近なくずし字

看板・扁額その2

鎌倉くずし字看板その2

鎌倉にあったくずし字の看板です。全部読めるかな?

天ふら

天ふら

「ふ」は「婦」、「ら」は「羅」をくずした変体仮名です。ふに「○」がついていませんが、写真は天ぷら屋さんで、古文書では文字に濁点や○がついてないことが多々あります。

とんかつ こまち

とんかつ こまち

「ま」は「満」をくずした変体仮名です。

なつかしい味 おふくろや

なつかしい味 おふくろや

私達が使っている「く」もこの看板の「く」も「久」をくずしたものであり、古文書では看板のように二段ひねりで「く」を書きます。

三河屋

三河屋

文字は右から左に書かれており、「河」は、かなりくずされていて難読です。酒屋さんです。

旅館 対僊閣(たいせんかく)1

旅館 対僊閣(たいせんかく)

「對」は対の異体字です。「僊」は仙の意味があり、「僊」の略体(俗字)が仙です。

旅館 対僊閣(たいせんかく)2

上記「対僊閣」の外観です。明治期に創建された古い旅館です。

天ぷら 天丼 親子どん

天ぷら 天丼 親子どん

当ページの一番上にも天ぷら屋さんの看板を掲載しましたので、これはおさらいですね。こちらはちゃんと天ぷらの「ふ」に「○」がついてます。親子丼の「親」が少しくずされています。

  

看板・扁額

1.鎌倉編その1 /2.鎌倉編その2/3.鎌倉編その3/4.川越編/5.昭和レトロ館

6.お寺の額(扁額)その1/7.お寺の額その2/8.御詠歌/9.江戸時代の女性の名前

関連記事

異体字一覧

1.異体字とは/2.異体字を覚えよう/3.異体字一覧その1/4.一覧その2/5.一覧その3

古文書概論

1.古文書(こもんじょ)とは/2.古文書の特徴/3.文字の種類/4.文字の書き方の歴史

5.江戸時代の古文書の種類/6.最初に覚えること/7.くずし字の覚え方/8.学習方法その1

9.学習方法その2/10.古文書の魅力/11.古文書資格取得/12.古文書を読む猫/13.古文書判定