くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 看板・扁額

看板・扁額

鎌倉くずし字看板その2 和食屋、和菓子店など

前項からの続きで、鎌倉市の変体仮名異体字(旧字)で書かれた看板集 問9~16。読めるかな?

問9

天ふら

天ふら

「ふ」は「婦」、「ら」は「羅」をくずした変体仮名。ふに「○」がついていませんが、古文書では濁点や○が省略する場合もあります。

問10

天ぷら 天丼 親子どん

天ぷら 天丼 親子どん

こちらは「ふ」に「○」アリ。親子丼の「親」が少しくずされています。

問11

とんかつ こまち

とんかつ こまち

「ま」は「満」をくずした変体仮名。

問12

黒飴女夫まんぢう

黒餡女夫まんぢう

「ま」は「満」をくずした変体仮名。「ち」は「知」をくずした字体で、現行の平仮名「ち」も「知」をくずした字体。「饀」は「餡」(あん)の異体字。

問13

鎌倉 源吉兆庵

鎌倉 源吉兆庵

和菓子屋。右から左に書かれている。「源」に見られるようにさんずいは、一本の縦棒のように、くずす場合が多い。

問14

御菓子司

御菓子司

上記源吉兆庵さんの、のれん。「おかしつかさ」と読み、「御」は古文書ではこのようにくずす。お菓子を作る人という意。

問15

さくらの

さくらの

和菓子屋。「く」は「久」をくずした変体仮名。

問16

なつかしい味 おふくろや

なつかしい味 おふくろや

このように「く」は、古文書においても二段ひねりでを書く場合が多い。

  

看板・扁額

1.鎌倉編 蕎麦屋 日本料理 2.和食屋 和菓子店 3.薬局、旅館、酒屋 4.川越編

5.青梅 昭和レトロ館 6.京都 広隆寺 7.奥州市 社寺 8.秩父 金昌寺 9.江戸時代の女性の名前

関連記事

文字の書き方の歴史冬衣売出し広告御蒸菓子所広告御鼻紙袋・煙草粉入