くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 看板・扁額

看板・扁額

江戸時代の女性の名前

埼玉県秩父市 金昌寺にて扁額(へんがく,細長い額)を見つけました。前項にて御詠歌の解読は済んだので、次にこれを奉納した江戸時代の人々の名前を解読してみましょう。主に変体仮名で書かれています。

史料

秩父・金昌寺の扁額

解読文

画像右側の名前

江戸時代の女性の名前1

1.かめ/2.きよ/3.いろ/4.さん/5.とめ/6.ぎん/7.はつ/8.しゆん/9.かや/10.とら/11.しげ/12.ろく/13.まつ

画像左側の名前

江戸時代の女性の名前2

14.みよ/15.しゆん/16.みい/17.まつ

18.源兵衛/19.清三郎/20.甲州屋 勘右衛門/21.小沢屋 長松/22.大師 喜兵衛

女性の思いが詰まったお寺

慈母観音_秩父市金昌寺
慈母観音_秩父市金昌寺
慈母観音
 

上記扁額(へんがく)の名前を解読してみると、あらビックリ!女性の名前が8割以上を占めているのがわかりました。

江戸時代の女性の名前は位の高い人を除いて一般的に、仮名で、漢字表記でないのが特徴です。ちなみに名前を付ける人は生みの親以外に、仮の親子関係を結んだ産婆や乳親などの場合もあります。

上の写真は、金昌寺本堂に安置する有名な慈母観音像を遠くから拝んだもの、右写真は正面のお姿。

専門的な話になりますが、上記扁額に名を連ねた彼女らはどのような集団かというと、前項とおり何らかの講中であり、当寺から推察するに子安講あるいは類似の講に集った仲間の女性たちと考えるが自然でしょう。

このような背景を踏まえてもう一度、この扁額に刻まれた御詠歌や女性の名前を解読してみると、当時の人々の願いや思いが伝わってきます。

  

看板・扁額

1.鎌倉編 蕎麦屋 日本料理 2.和食屋 和菓子店 3.薬局、旅館、酒屋 4.川越編

5.青梅 昭和レトロ館 6.京都 広隆寺 7.奥州市 社寺 8.秩父 金昌寺 9.江戸時代の女性の名前

関連記事

女大学とは女性の手習い洗濯 しわ伸ばし裁縫髪・化粧子育て身分格差