くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その14

江戸時代の安産の秘訣その1

史料

女大学_安産の秘訣その1

※無断転載禁止

現代語訳(枠内)

さて、夫婦が睦まじく、月日を送り、妊娠することあったら、慎みが肝要である。

中国の書物にも、胎教(たいきょう・妊婦が精神的な安定や修養につとめて胎児によい影響を与えること)をする様々な法があるが、これは下賤には行い難いこともある。

ただ、身持ちを大切にして、起き臥(ふ)すとともに、怠けて弱くならず、第一男女の交わりをしてはいけない。

冷たいものを食べてはいけない。言うまでもなく水を飲んではいけない。食べ物は、医者に問い、よいと言われたものを食さなければならい。

麝香(じゃこう・香料の一種)が入った薬を服してはならない。その上、事あるごとに行き届かない事もあるけれど、目に悪しき色を視(み)ず、耳に怪しき声を聴かず、鼻に汚れた臭いかいではいけない。

また本など見るといっても、ふざけたもの見ない。これは聖賢の教えである。

女大学・小学のたぐい、或は、孝行な子・列女の伝、そのほか全て、教えなどが書かれたものを視(み)て、その場限りの物語、人の狂死、その外、縁起の悪いことは聴かないようにすること。

これは別段、物忌(ものいみ)をしているわけではない。子が胎内にあるときは、いまだ身体が整わず、この折柄、何であれ縁起が悪いものに触れれば、自然にそれに影響されて、不幸にもなり、又は悪人となる事もある。

およそ人として、子を思わない者はいない。子を思う本意は、その子が健やかに成長し、己以上の身の上になって、栄ゆく末を見ようと願うようになる、ということである。

親が愚かでまた性悪があるならば、どうして栄ゆく末を見ことができようか。たとえ、どんなに慎みを守っても、十か月に足らない程の間のことである。その子の生涯の長さを思い比べれば、たやすいことだろう。

解説

史料では江戸時代の安産の秘訣について説いています。当時の医学的な知識に則って、妊娠中に口にしてはいけないものや薬、本は何を読むべきかなどかなり具体的に示していますね。

  

解読文(枠内)

○さて、夫婦(ふうふ)睦(むつ)ましく、月日(つきひ)を送(おく)り、懐胎(くわいたい)することあらば、其(その)慎(つゝし)み肝要(かんよう)也

唐土(もろこし)の書物(しよもつ)にも、胎教(たいけう)してさま/゛\の法(はふ)あれど、是(これ)はた下賤(げせん)には行(お)なひ難(がた)きことあり

只(たゞ)身持(みもち)を大切(たいせつ)にして、起臥(おきふし)ともに惰弱(だじやく)にせず、第一男女の交(まじは)りすべからず 冷(ひゆ)るものを食(くふ)べからず

況(いわん)や水(みづ)を呑むべからず、食物(しよくもつ)は医者(いしや)に問(とひ)て、その宜(よろし)きを食(しよく)すべし 麝香(じやかう)の入(いり)たる薬(くすり)を服(ふく)すべからず

其上(そのうへ)事毎(こと/゛\)には行届(ゆきとゞ)かぬ事もあるべけれど、目(め)に悪(あし)き色(いろ)を視(み)ず、耳(みゝ)に怪(あや)しき声(こゑ)を聴(きか)ず

鼻(はな)に汚(けが)れたる臭(か)をかぐへからず また本(ほん)など見るとても、戯(たわ)ふれたるを見(み)ず、聖賢(せいけん)の教(をし)へり

但(たゞ)し、女大学(をんなだいがく)小学(せうがく)のたぐひ或(ある)ひは、孝子(かうし)列女(れつぢよ)の伝(でん)その外(ほか)都(すべ)て教(をし)へことなど書(かい)たるものを視(み)、

仮初(かりそめ)の物語(ものがたり)にも或(ある)ひは人の狂死(わうし)その外、不祥(ふしやう)のことはきかぬやうにあすべし 是(これ)あながち、もの忌(いみ)するにあらず、子(こ)胎内(たいない)にあるときは、いまだ身体(しんたい)髪膚(はつふ)とゝのはず、

この折柄(をりから)何(なに)にすれ不祥(ふしよう)のみに触(ふ)るときは、自然(おのづから)それに肖(あや)かりて、愚不肖(ぐふせう)にもなり、又は悪人(あくにん)となる事もあり

凡(およ)そ人として、子(こ)を思(おも)はぬものなし、子(こ)を思(おも)ふ本意(ほんい)は、その子(こ)、健(すこやか)に成長(せいちやう)し、

己(おのれ)より倍(まし)たる身(み)のうへともなりて、栄(さか)ゆく末(すゑ)を見んと願(ねが)ふなるに、愚(おろか)なるかまたは、その性悪(せいあく)あらば、何(なに)とて栄(さか)ゆく末(すゑ)を見るよしあらん

たとへ、何(なに)ほと慎(つゝしみ)守(まも)るとも、十月(とつき)に足(たら)さる程(ほど)の間(あひだ)なり その子の生涯(しやうがい)の長(なが)きを思ひくらぶれば、輒(たやす)きことなるべし

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました