くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その8

江戸時代の女性の髪・化粧

史料

髪、化粧

※無断転載禁止

解読文

髪(かみ)・化粧(けしやう)の事

女は、つねに心がけて髪(かみ)をけづり、またけはひをして、乱(みだ)れぬやうになすこそ、肝要(かんえう)なれ、これあながち浮(うき)たるこゝろより然(しか)るにあらず

髪(かみ)・けはひは、夫(をつと)に連(つれ)そふほどの礼(れい)を守(まも)るにて、とり乱(みだ)しぬるは、親(おや)夫(をつと)へ対(たい)し、不礼(ぶれい)なり

しかれとも、すゐぶん古風(こつう)の品(しな)・かたちよきを守(まも)りて、目(め)に立(たつ)ことく、はでにすべからず

時の流行(てうかう)にうつるも、余技(よぎ)なけれど、遊女(ゆうぢよ)めきたるいやしき造(つく)りはすべからず

現代語訳

髪・化粧の事

女は常に心がけて髪を整え、また化粧をして乱れぬようにすることこそ肝要である。

これはあながち浮いた心からそうするのではない。髪・化粧は、夫に連れ添うほどの礼を守ることなので、取り乱すことは、親・夫に対し無礼なのだ。

しかしながら、分に応じて、昔のように品格やかたちをよく守って、目立つように派手にしてはならない。時の流行に移るのもやむを得ないけれど、遊女ぽい、いやしい造りにしないこと。

解説

江戸時代の女性の髪・化粧、すなわち身だしなみの心得は、現代に通じるものがありますね。何故やらなきゃいけないか、理由が「親・夫に対し無礼」というのはズルッって感じですね。

  

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました