くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その11

江戸時代の女性の音楽活動 三味線は是か非か

江戸時代の教科書『女大学』から、音楽活動の心得などについて紐解きます。

史料

女大学_江戸時代の女性の音楽活動

※無断転載禁止

現代語訳(枠内)

端唄(はうた・三味線の小唄)簫(しょう・笛の一種)など、色っぽい振る舞いを見聴きすることを戒めよ。これを覚えた現在は雅楽と言うものもなく、能・囃子(はやし)は女子のすべき事でもない。

今の世の慣わしとして三味線の技をせめて知らねば、人の中にいても何となく気分的に圧倒されるので、見聴きの全てを習うのもまた妨げない。

ただ乱れないこともって淑(よ)しとすべきである。このようなことを言えばこの本に古えの教え[]が無いように見えるかもしれないが、決してそうではない。

心ない婦女子はこれを見て、この本は下賤だから今日の規則にならないなど浅はかに思って、その後の教えもいたずらに見過すことがあってはいけないと思ったので、いささか筆者の意見を述べた。これはまた例の老婆心からである。

>>原文(史料解読文)

補註

古の教え…『論語』においては以下などを参照できる。

  1. 「鄭声(ていせん)を放つ」「鄭声は淫(いん)」(衛霊公11)
  2. 「鄭声の雅楽を乱るを悪(にく)む」(陽貨18)

鄭声は鄭国の音曲。みだらなものであった。これが当時「雅楽」を乱していた。雅楽は正統の音楽のことで、2.のいうところの雅楽は、舜の楽といわれる「韶」(しょう)の類[文献1]。

鄭国の音楽は『詩経』国風・鄭風において、メロディーラインはわかりませんが、今なお漢詩として鑑賞できます[文献2]。けだし鄭風は乱れているというか、久宝留理子的なパンチのある恋愛詩が多いです。

解説

女大学お稽古事の頁でも、三味線のやり過ぎないよう、言っていました。儒教において音楽は欠かせませんが、補註のとおり雅楽(正統の音楽)の外は礼楽とは言い難いです。

しかし世の中との折り合いをつけて「三味線の技をせめて知らねば」といい、これに対して「この本に古えの教えが無い」とか「この本は下賤」だとか誤解を解いています。文字通り「老婆心」以外の何物でもないような…

  

補註

  1. 平岡武夫『全釈漢文大系〈1〉論語 (1980年)』(集英社, 1980年 )
  2. 高田眞治『詩經(上) 新装版 漢詩選 (1) (漢詩選)』(集英社、1996年)

原文(史料解読文)

夜陰(やいん)といえども、用(よう)あらば外(と)へも出(いづ)べく、また謡唄(はうた)簫(じやう)なりの仇めきたるを見聴(みきゝ)ことを戒(いまし)む

これ得(えた)当時(たうじ)、雅楽(ががく)といふものもなく、能囃子(のう-はやし)は女子(によし)のすべき事にもあらず

今の世(よ)の慣(なら)はしとして、三味線(さみせん)の一手(ひとで)だにしらねば、人の中にても何となく気(け)おさるゝやうになれば、見聴(みきゝ)のみなは、習(なら)ふもまた妨(さまたけ)なかるべし

たゞ乱(みだ)れざるを以(もつ)て、淑(よし)とすべきなり、かくいはゞ本文(ほんもん)古(いにし)への教(をし)へを無(なみ)するやうにあれど、決(けつ)して然(さ)にあらす

心(こゝろ)なき、婦女子(ふぢよし)是(これ)を見て、こは下賤(げせん)今日(こんにち)の法規(のり)にならじなんど、浅はかに思(おも)ひとりて、其餘(そのよ)の教(おし)へをもいたづらに見過(みすぐ)すことのあらんかと思(おも)ふが故、いさゝか愚意(ぐい)を述(のぶ)るもまた例(れい)の老婆心(らうばしん)なり

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文