くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その16

親の教えを守ること

史料

女大学_親の教えを守ること

※無断転載禁止

解読文(左側)

女大学(をんなだいがく)

一 夫(それ)女子(によし)は、成長(せいちやう)して他人(たにん)の家(いへ)へ行(ゆき)、舅(しうと)・姑(しうとめ)に仕(つかふ)るゝものなれば、男子よりも、親(おや)の教(をしへ)ゆるがせにすべからす、

現代語訳

女大学(おんなだいがく)

一 それ、女子は成長して、他人の家へ行き、舅・姑に仕えるものだから、男子よりも、親の教えを揺るがせにしてはいけない。

解説

いよいよここから女大学本文に入ります。大きく綺麗な文字で書かれているので、ここからは解読文を参考にくずし字の解読にもチャレンジしてみてください。

さて、女大学本文で最初に何が書かれているのかといえば、百姓往来と同じく孝についてです。儒学が国学だった時代だけあって、武家のお嬢さんであろうと百姓であろうと親孝行第一です。

  

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました