くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その12

江戸時代の結納

史料

女大学_江戸時代の結納

※無断転載禁止

現代語訳(枠内)

さて、この本にもある通り、女子は父母の命と媒酌がなければ、男女交わらず親しまず、これを第一の掟にして、女子の慎みが極めて肝要の条項である。

およそ、この一つを堅く護(まも)る心があれば、それを大切にして、舅姑がよく言うようなことは必ずする。そうすれば媒酌がある。

父母が許して、嫁がせようとする時、まず結納として、そのしるしを受ける。これにも上中下、何段にも差別があって一様ではない。とかく身の程を顧み、それより内側であることをよしとすべきだ。

結納を受ける日、女子はお歯黒するがこれも現在は大方やっていない。また、結納の進物は、五種・七種であるが、これも身の程によるべきである。しかし余りに倹約するのも礼に欠くものだ。

およそ婚姻は、男女一生の大礼(たいれい・最も大切な儀式)である。男は家の相続すべき子をもうける為、女子は生涯連れ添う夫を定めることである。よって、これより重い礼はなく、互いに謹んで、粗略にしてはいけない。

解説

史料は江戸時代の結納のやり方について説いています。父母の命とか父母の許しがなければ結婚できない、という掟が史料からうかがえますね。

  

解読文(枠内)

○さて、本文(ほんもん)にもある通(とほ)り、女子(によし)は父母(ふぼ)の命(めい)と媒妁(なかだち)とにあらざれば、交(まじは)らず、親(した)まず、是(これ)第一(たいゝち)の掟(おきて)にして、女子(によし)の慎(つゝし)み専要(せんえう)の箇条(かじう)なり

凡(およ)そこの一事(いちじ)を堅(かた)く護(まも)る心(こゝろ)あるほどなれば、夫(それ)を大切(たいせつ)になし、舅姑(しうと/\め)によく事(かう)ふるが如(ごと)きは、必(かならず)なるものなり、されば媒妁(なかたち)あり

父母(ふぼ)許(ゆる)して、嫁(よめ)せんとする時(とき)まづ結納(たのみ)とて、そのしるしを受(うく)る、是(これ)にも上中下何(なん)だんにも差別(さべつ)ありて、其(その)さま、一般(いちやう)ならず

兎角(とかく)分限(ぶんげん)を顧(かへり)み、夫(それ)より内場(うちば)になすを善(よし)とすべし

この結納(たのみ)を受(うく)る日(ひ)女子(によし)鉄漿(かね)を含(ふく)む、是(これ)も当時(たうじ)は大(おほ)かた然(しか)らず、また、結納(たのみ)の進物(しんもつ)も或(ある)ひは、五種(ごしゆ)七種(しちしゆ)也

其(その)分限(ぶんげん)によるべし、余(あま)りに倹約(けんやく)なるも礼(れい)に欠(かく)る也、凡(およ)そ婚姻(こんいん)は、男女一生(いつしやう)の大礼(たいれい)也

男は家(と)相続(さうぞく)すべき子(こ)を設(まう)くる為(ため)、女子(にうし)は、生涯(しやうがい)連配(つれそふ)夫(をつと)を定(さだ)むるなれば、生涯(しようがい)の礼(れい)、これより重(おも)きはなし、互(たがい)に慎(つゝし)みて、麁略(そりやく)なるべからず

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました