くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その1

女大学とは

史料

女大学

※無断転載禁止

概要

女大学とは?

女大学は、江戸時代の初等教育用の教科書である往来物(おうらいもの)の一種です。往来物は現在七千種ほど存在が確認されているが、そのうち約一千種が女子用のものであると言われています。

女今川ってのもある。

女子用の往来物は「女今川」「女大学」「女小学」「女庭訓(ていきん)」「女中庸」などがあり、一般に女訓書(じょくんしょ)と言われています。

その中でも、「女今川」と「女大学」の二書の系統が、全体の中でも大きなウエイトを占めています。「女今川」は、今川了俊(いまがわ-りょうしゅん:室町時代の武将で歌学者)が息子に向けて記した戒めになぞらえて、女子用に作り変えられたものです[註1]。

著者と歴史

「女大学」は、著者不明です。貝原益軒(江戸期の儒学者、教育思想家)の『和俗童子訓』巻5の「女子に教ゆる法」を基に綴られたと言われますが、著者を益軒とする確証はありません。

最古の版本は、1716年(享保元)大坂柏原清右衛門、江戸小川彦久郎合梓(ごうし)の『女大学宝箱』と言われています。

『女大学宝箱』だけでも明治初年までに11版を重ねましたが、18世紀後半以降になると、挿絵や頭書きを改めて「女大学」を冠した多様な改定本、『女大学教文庫(おしえぶんこ)』『女大学操鑑(みさおかがみ)』といった類が数多く刊行されました。これから当サイトで見ていく女大学は、写真にありますように『女大学栄文庫』です。

明治初年以降は、活字本による「女大学」が公刊され、女子用の修身本として、第二次大戦終了時まで使用されました[註2]。

内容

さて、女大学の内容ですが、女として夫と家を支え、慎みを忘れずに女の道を極めよという倫理観のもと、親および舅・姑に対する孝、洗濯、裁縫等の家事労働、結納・結婚・出産・子育て、三味線などのお稽古、身だしなみのことなど多岐に渡ります。

現代の女性が読むと、共感できる所も少なからずあると思いますが、カッチーン!と来ること間違いなしです(笑)。しかし女性は勿論、男性も歴史が好きな人も苦手な人も、次ページから是非、女大学で江戸時代の女性の価値観や暮らしぶりを見ていってください。

  

補註

註1:菅野 則子, 桜井 由幾 『入門 古文書を楽しむ』(竹内書店新社、2000年) 参照

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました