くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その6

江戸時代の女性のお稽古事

史料

琴、三味線

※無断転載禁止

解読文

琴(こと)・三味線(さみせん)の事

これも女子の嗜(たしな)みなれば、少しは習ひおくべし、あながち此道に心をゆだねて、肝要(かんよう)のわざをおろそかになすは、宜(よろ)しからず

女は、元より内を治(おさ)むるものなり故、みだりに外へ出(いで)ず、さればおのづから気(き)の屈(くつ)し、むすほふるから、折(おり)々とり出してもてあそべは、おのづから心のなぐさみとなる

また女子などもちて、夫(それ)に習はすも其身(そのみ)たえてしらざれば、あぢきなす事もある也

現代語訳

琴・三味線の事

これも女子の嗜(たしな)みであれば、少しは習っておくこと。あながち、この道に心をゆだねて、本来の仕事を疎かにするのは宜しくない。

女は、元より内を治めるものなので、みだりに外へ出ない。しかしそうしていると、自ずから気がめいり、むしゃくしゃするので、折々とり出して手に持って遊べば、自ずから心の慰めとなる。

また娘をもって、その娘に琴・三味線を習わすのも、その身を耐えることを知らなければ、無益になることもある。

解説

江戸時代の女性のたしなみとして、琴・三味線について説いています。史料を読み解くと、琴・三味線はいいストレス解消になっていたみたいで楽しそうですが、ほどほどにっ最後に釘刺してますね(笑)。

  

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました