くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村入用帳その4

通信費・光熱費など

史料

村入用帳_名通信費・光熱費など

※無断転載禁止

解読文

③ 金壱両 年中御廻状継人足賃

④ 金壱分 年中名主宅ニ而筆墨紙代

⑤ 銭壱貫弐百文 年中瞽女ニ差遣申候

⑥ 銀拾匁 年中名主宅ニ而村用相用候、水油蠟燭代

現代語訳

③ 金1両(現在で約75,000円)は、一年間で廻状(かいじょう・順々に回覧して要件を伝える文書)の為の人件費に使いました。

④ 金1分(現在で約18,750円)は、一年間で名主宅にての筆墨紙代に使いました。

⑤ 銭1貫200文(現在で約14,400円)は、一年間で瞽女(ごぜ・盲目の女性で三味線を引き歌をうたってお金をもらう芸人)にお支払いしました。

⑥ 銀10匁(現在で約12,500円)は、一年間で名主宅にて村で用いる為の水油(みずあぶら・椿油や菜種油)とロウソク代に使いました。

解説

③について、江戸時代の通信費は廻状回す人件費になりますが、現代だと電話やインターネット接続料になると思います。いつの時代もこれが結構バカにならないですね。

⑤の瞽女さんには、村で一括してお支払いしています。支払わないといつまでも玄関前で三味線を引き続けることがあるので、さっさとお金を渡して帰ってもらうのが江戸時代の大人の対応です。

④の筆墨紙代=文具代、⑥の光熱費=水油・ロウソク代についても併せてチェックしてみてください。

  

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『去戌年村入用帳』(D-5-38)文久三年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など

5.勧化・旅僧・座頭など/6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!

8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山