くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村入用帳その8

相違無御座候

史料

村入用帳_文末の文章

※無断転載禁止

解読文

村高三百廿石八斗三升八合

内 弐拾石・名主役高引 拾五石・年寄役高引

残高弐百八拾五石八斗三升八合ニわり

高壱石ニ付 長銭弐百拾文弐分

右者去戌年村入用書面之通、少も相違無御座候、然上者右一件二付重而御願ヶ間敷儀、決而申上間敷候、依之連印帳面奉差上候、以上

解読文

村高は320石8斗3升8合で、内20石は名主の役高、15石は年寄の役高として差し引きましたので、残高は(320石から35石を引いて)285石8斗3升8合2割、高1石につき長銭220文2分です。

去る戌年(文久二年・1862)の村の支出は、右の書面の通りで少も相違ございません。然る上は右の一件について重ねてお願いじみたことは決して申し上げません。よって連印の帳面を差し上げます。以上

解説

村高については、石高(こくだか)とは/2.面積の単位/3.石盛(こくもり)とは /4.石盛と石高を極める・1/5.石盛と石高を極める・2をご参照ください。

文末の文章、相違無御座候(そういござなくそうろう)=相違ございません、御願ヶ間敷儀(おねがいがましきぎ)=おねがいじみたこと、決而申上間敷候(けっしてもうしあげまじくそうろう)=決して申し上げません、は村方文書でよく出てくるフレーズなので覚えてみてください。

  

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『去戌年村入用帳』(D-5-38)文久三年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など

5.勧化・旅僧・座頭など/6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!

8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信

関連リンク

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣金貨の換算銀貨の換算銭貨の換算

数字の解読

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数

4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山