くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 度量衡講座

度量衡講座その4

石盛と石高を極める・その1

問題

A村には中田30町、上畑10町の田畑があります。 A村の石盛が江戸幕府で定められた石盛の基準と同じだったとすると、 A村の村高(村の石高)は何石になりますか?

江戸幕府の石盛の基準

上田 中田 下田 上畑 中畑 下畑 屋敷
じょうでん ちゅうでん げでん じょうばた ちゅうばた げばた やしき
1石5斗 1石3斗 1石1斗 1石1斗 9斗 7斗 1石1斗

石盛から石高を算出する方法

1.等級に応じた1反当たりの標準収穫量(石盛)を確認する。

A村の田畑は中田と上畑なので、上の表で中田と上畑の所を見ます。これにより、中田の石盛は1石3斗=1.3石、上畑の石盛は1石1斗=1.1石ということがわかりました。

※1石=10斗/1斗=10升/1升=10合/1合=10勺(石高とは参照のこと。)

2.土地の面積の単位を「反」に揃える。

石盛は1反辺りの生産高なので、田畑の面積の単位を「反」に揃えましょう。

中田は30町なので300反、上畑は10町なので100反になります。

※1町=10反/1反=10畝/1畝=30歩(面積の単位参照のこと。)

3.石高を計算する。

石盛に面積を乗ずれば、石高が簡単に算出できます。

中田:1.3×300=390石/上畑:1.1×100=110石/計:390石+110石=500石

というわけでA村の石高は500石ということがわかりました。

さて、江戸時代の村の村高の平均は400~500石、耕地面積は50町、人口は約400人です[註1]。A村は村高や耕地面積から鑑みて平均的な江戸時代の村ということになります。

所で500石というのは、米何kgに相当するものなのでしょうか?

ピンとこない場合は「kg」に換算してみる

米1石の重さは150kgです。(石高とは参照のこと。)

よって500石というのは、お米の重さに換算して150kg×500石=75,000kg、つまり75tになります。

石盛と石高のおさらいとして、 次ページにてもう一問用意しました。 チャレンジしてみてください!

  

補註

註1:渡辺尚志「百姓たちの江戸時代 (ちくまプリマー新書) 」( 筑摩書房、2009年 )

度量衡講座

1.石高(こくだか)とは/2.面積の単位/3.石盛(こくもり)とは/4.石盛と石高を極める・その1 5.その2

6.1貫の重さ/ 7.江戸時代の貨幣/8.金貨の換算/9.銀貨の換算/10.銭貨の換算

関連記事

数字

日付の解読貨幣の解読面積・量の解読

証文

金子証文質地証文 解読文年貢定免請状

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など/5.勧化・旅僧・座頭など

6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!/8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ組合村概要小組合大組合