くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 絵入知慧の環

絵入知慧の環20

昔の脱穀 千歯扱きおよび磨臼使用

明治六年の教科書(往来物)『絵入知慧の環』から、昔の脱穀の仕方を紐解きます。

史料

千歯扱き、磨臼

※無断転載禁止

解読文

右頁:いねをこぐ、うすをひく/左頁:了

MEMO

右頁「いね」の「ね」は「祢」、「うす」の「す」は「春」をくずした変体仮名

解説

史料上段は近世の発明である千歯扱き(せんばこき)。歯の隙間に穂を挟み込み、手前に引いて穀粒をとり離し脱穀。下段は磨臼(すりうす)で数人で上の臼を回転させて、籾をすって籾殻を取り去ります。

百姓往来』の農具にも千歯扱き(稲扱(いねこき))、磨臼(礭(すりうす))の記述が見られます。

  

史料情報

  • 表題:絵入知慧の環 初編上
  • 年代:明治6.5(1873)/出所:古川正雄著/宛所:岡田屋嘉七/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書4197
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

絵入知慧の環

1.絵入知慧の環とは/2.いぬ、にはとり/3.わらび、ねこ/4.いのしし、おほかみ

5.さくら、みかん/6.数字の読み方/7.父母の書き方/8.父母の呼び方/9.東西南北、左右上下

10.天地、日月/11.草木/12.日のいづるかたに/13.春夏秋冬/14.花見、涼み

15.月見、雪見 16.歳時記/17.耕起 18.田植え 19.稲刈り 20.脱穀

関連記事

年貢米の納め方村の基礎データ村絵図村明細帳村入用帳