くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 絵入知慧の環

絵入知慧の環15

月見と雪見

明治六年の教科書(往来物)『絵入知慧の環』から、月見と雪見を紐解きます。

史料

月見と雪見

※無断転載禁止

解読文

右頁:あきはつきみ、左頁:ふゆはゆきみ

解説

月見

陰暦八月一五日は仲秋の名月。船を浮かべ清光をめでる十五夜の船あそびは格別風流で、月を仰ぎ琴や三味線を奏でながら一夜を過ごしました。また史料のように団子、柿、栗などを供え、月を愛でつつ飲みかつ食べるのが江戸のならわし。月見の名所は浅草川(隅田川)、深川、品川です。

雪見

陰暦一一月も半ばも過ぎると、一年で最も短い冬至を迎えます。現行暦一二月頃で、江戸に初雪が降る頃。

雪見の名所は上野山内、不忍池、道灌山、愛宕山、三囲(みめぐり)など。日暮里浄光寺は別名を雪見寺と言います。高台の見晴らしの良い料理茶屋で雪見酒を楽しんだり、隅田川を屋根船で雪見をしたりしました。

ちなみに明朝冊封関係にある朝鮮王朝は、朝貢として冬至の佳節祝賀で明へ冬至使を派遣していました。

  

史料情報

史料情報

  • 表題:絵入知慧の環 初編上
  • 年代:明治6.5(1873)/出所:古川正雄著/宛所:岡田屋嘉七/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書4197
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

絵入知慧の環

1.絵入知慧の環とは/2.いぬ、にはとり/3.わらび、ねこ/4.いのしし、おほかみ

5.さくら、みかん/6.数字の読み方/7.父母の書き方/8.父母の呼び方/9.東西南北、左右上下

10.天地、日月/11.草木/12.日のいづるかたに/13.春夏秋冬/14.花見、涼み

15.月見、雪見 16.歳時記/17.耕起 18.田植え 19.稲刈り 20.脱穀

関連記事

ソリの種類雪かきの道具冬衣売出し広告陰陽五行説二十四節気と雑節