くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 旅行用心集

旅行用心集その10

江戸時代のソリの種類

史料

そり_江戸時代

※無断転載禁止

解読文

駕籠橇(かごそり)

駕籠雪(かこそり)は、下地を籠に組立、上を畳表(たゝみおもて)にて包みたるもの也

其籠を常の雪車へ結附るなり、中に刀かけもあり、ふとん其外手道具等入ること常の駕籠の如し、常々医者多く是を用ゆ

雪車(そり)

雪車(そり)は、惣而荷物(にもつ)を積(つみ)、綱(つな)を肩(かた)へかけて一人にて引也

米俵五六俵ヨリ十七八俵迄引なり、山坂は荷杖(につえ)にて楫(かぢ)をとり、自(みつ)から乗なから下ること矢をつくか如し、牛馬等の便利に十倍せり、誠に山国の船なり

○ヲノヲレ○

イタヤなといふ木にてつくるなり

箱橇(はこそり)

此箱そりは、小児のたわむれに用ゆる也、箱もあり、北国草籠もあり

現代語訳

駕籠橇(かごそり)

駕籠雪(かごそり)は、土台を籠に組立て、上を畳の表で包んだものである。その籠を普通の雪車へ結びつける。

中に刀掛けもあり、ふとん、その外、手まわりの小道具等が入ることは普通の駕籠のようだ。常々医者が多くこれを用いる。

雪車(そり)

雪車は、総じて荷物を積み、綱を肩へ掛けて一人で引く。米俵五、六俵から十七、八俵迄引く。

山坂は荷杖(につえ)で楫(かじ)を取り、自ら乗りながら下れば放たれた矢のようだ。牛馬等の便利さより十倍。誠に山国の船である。

○ヲノヲレ○

雪車(そり)は、斧折れ(カバノキ科の落葉高木)や板屋楓(カエデ科の落葉高木)などの木で作る。

箱橇(はこそり)

この箱そりは、小児のたわむれに用いる。木の箱ではなく、北国では草の籠もある。

解説

旅行用心集では、奥州・越後の寒い国についての文脈の中で、ソリが紹介されています。史料から、お医者さんが多く用いる駕籠橇、荷物を運ぶ雪車、小さい子が遊ぶ箱橇の特徴や機能が読み取れます。

ほっこりと言うべきかアバンギャルドと言うべきか、どちらにせよ乗ってみたい乗り物ばかりですね。

  

史料情報

  • 表題:旅行用心集
  • 年代:文化 7(1869)/出所:八隅芦庵/宛所:須原屋伊八外/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3361
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

旅行用心集

1.旅行用心集とは/2.東海道、木曽路Ⅰ/3.東海道、木曽路Ⅱ/4.旅の前日/5.持ち物について

6.宿の確認事項/7.毒虫にはご用心/8.馬、駕籠などの手配/9.夏の食べ物/10.ソリの種類

11.雪かきの道具/12.頭巾や帽子/13.履き物その1/14.履き物その2/15.白澤の図/16.旧国名・日本地図

17.足のツボ/18.旅行用バッグ/19.旅行の持ち物/20.日記の書き方/21.天気予報

関連記事

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形宿駅のしくみ1貫の重さ宿駅のしくみ