くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 旅行用心集

旅行用心集その5

旅の持ち物について

史料と解読文

旅の持ち物_旅行用心集

※無断転載禁止

解読文(枠内)

一 道中(たうちう)所持(しよし)すべき物(もの)、懐中物(くわいちうもの)の外(ほか)、成丈(なりたけ)事少(ことすくな)にすへし、品数(しなかつ)多(おほ)きれば、失念(しつねん)物等(ものとう)有之、却而(かへつて)、煩(わつら)はしきものなり

現代語訳

一 道中に所持すべき物は、財布のほか、できるだけ事少(ことすくな)にすること。品数が多ければ、忘れてしまう物などあるので、却(かえ)って、煩わしいものである。

このくずし字に注目

道中 所持 成丈
道中 所持 成丈
どうちゅう しょじ なるたけ
「しんにょう」を下に記してくずします。 「所」と「持」の典型的なくずし字です。 「なりたけ」とも読む。「できるだけ」「なるべく」の意味。
品数 有之
品数 有之
しなかず これあり
余裕があったら覚えてね。 上へ返って読む熟語。「有之」は超頻出用語です。

解説

史料は旅行用心集・道中用心六十一ヶ条の第二条に当たります。江戸時代でも旅に荷物をたくさん持って行くのは余りスマートではないようです。「失念」はうっかり忘れること、もの忘れの意味です。

  

史料情報

  • 表題:旅行用心集
  • 年代:文化 7(1869)/出所:八隅芦庵/宛所:須原屋伊八外/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3361
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

旅行用心集

1.旅行用心集とは/2.東海道、木曽路Ⅰ/3.東海道、木曽路Ⅱ/4.旅の前日/5.持ち物について

6.宿の確認事項/7.毒虫にはご用心/8.馬、駕籠などの手配/9.夏の食べ物/10.ソリの種類

11.雪かきの道具/12.頭巾や帽子/13.履き物その1/14.履き物その2/15.白澤の図/16.旧国名・日本地図

17.足のツボ/18.旅行用バッグ/19.旅行の持ち物/20.日記の書き方/21.天気予報

関連記事

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形宿駅のしくみ1貫の重さ宿駅のしくみ