くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 旅行用心集

旅行用心集その11

雪かき道具のコウ鋤(すき)、雪踏み

史料

カウスキ、雪踏など

※無断転載禁止

解読文

カウスキ

ブナといふ木にて作、外二長柄あり、是は八九尺ヨあり

此かう鋤(すき)は、雪を屋根よりおろし又はおろしたる所の雪を切石(きりいし)の如くこの筐をもつてきり、町の中ほとへ向ふの見へぬ計りにつみ上るなり

又大雪の日には、道を掃ふにもし途中(とちう)杖のかわりにするなり、又小児外にて戯(たわむ)れ遊ふにも、雪有うちは是を突(つき)ありく也

雪踏(ゆきふみ)

藁(わら)にて作(つく)り、ふん込(ごみ)の如く両足へはき、雪のふる度々家の前并に道路の雪をふみかため、往来の通路をつくる器也、又米の空(あき)俵を用る所もあり

同上

是は、わらの雪踏にて、ふみならしたる上を又ふみかたむる具なり、わり槙にて作るなり、かならず家毎にあるにもあらず

解読文

コウ鋤(すき)

ブナと言う木で作り、外に長柄がある。これは2.4m~2.7m以上ある。

このコウ鋤(すき)は、雪を屋根より下ろし又は下ろした所の雪を切り石のように切り、町の中ほどへ向こうが見えないばかりに積み上げる。

また大雪の日に道を掃(はら)うのに途中、杖の代わりにする。また、小児が外で戯れ遊ぶにも雪があるうちは、これを突いて歩く。

雪踏(ゆきふみ)

藁(わら)で作り、踏ん込み(ふんごみ/雪国で使うわら靴)のように両足に履き、雪の降る度に家の前に道路の雪を踏み固め、往来の通路をつくる道具である。又、米の空き俵を用る所もあり。

同上

これは、わらの雪踏で踏みならした上を又踏み固める道具である。割った槙で作る。必ず家ごとにあるものではない。

解説

旅行用心集では、奥州・越後の寒い国についての文脈の中でソリに続き、雪かき道具が紹介されています。

史料を紐解きながら、コウ鋤(すき)と雪踏み2種類の機能と特徴についてチェックしてみてください。シンプルながらも雪国の生活の奥行さを感じる道具であることが伝わってくると思います。

  

史料情報

  • 表題:旅行用心集
  • 年代:文化 7(1869)/出所:八隅芦庵/宛所:須原屋伊八外/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3361
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

旅行用心集

1.旅行用心集とは/2.東海道、木曽路Ⅰ/3.東海道、木曽路Ⅱ/4.旅の前日/5.持ち物について

6.宿の確認事項/7.毒虫にはご用心/8.馬、駕籠などの手配/9.夏の食べ物/10.ソリの種類

11.雪かきの道具/12.頭巾や帽子/13.履き物その1/14.履き物その2/15.白澤の図/16.旧国名・日本地図

17.足のツボ/18.旅行用バッグ/19.旅行の持ち物/20.日記の書き方/21.天気予報

関連記事

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形宿駅のしくみ1貫の重さ宿駅のしくみ