くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 旅行用心集

旅行用心集7

江戸時代のチェックアウト

江戸時代、宿泊先から出発する際の心得について『旅行用心集』から紐解きます。

史料

馬、駕籠、人足の手配_旅行用心集

※無断転載禁止

解読文(枠内)

一 道中(たうちう)初てする輩(ともから)、馬(むま)・駕籠(かこ)・人足(にんそく)の用あらば、宵(よひ)の中(うち)に亭主(ていしゆ)にあひて頼むべし

相たひにては、途中(とちう)にてこまる事あり、帳面(ちやうめん)ある人は、着(ちやく)したる時、宿のものへ渡(わた)し頼むへし

扨(さて)、明朝(めうてふ)何時(なんどき)出立(しゅつたつ)と宵(よひ)より宿人申付、其(その)刻限(こくげん)に応(おほ)じ、其間(そのま)にあふ程(ほと)に自(みつから)起(おき)、

若(もし)、宿屋(やとや)不起時(おきざるとき)は、宿(やと)を起(おこ)し、膳(ぜん)の用意(ようゐ)する迄(まて)に、支度(したく)をいたし、草鞋(わらし)をはく計(はかり)にして膳(せん)に向(むか)ふべし

さなければ、人馬(にんば)の用意も自然(しぜん)と等閉(なをざり)になりて手間取(てまとり)、都合(つかう)あしきなり、旅(たひ)にては、貴賎(きせん)ともに此法(このほう)を守(まも)らされば、手廻(てまは)し悪(あし)しと知(しる)へし

現代語訳

旅行が初めての人々は、馬や駕籠荷物を運んでくれる人が必要なら、宵のうちに宿の主人に頼むこと。直接、その仕事に従事している者に頼むと途中でもめるものだ。

宿の人に上記のことを頼む場合、帳面を持っている人は、行きたい場所の到着時刻を宿の者へ渡して頼むといい。さて明日は何時出発と、宵のうちに宿の主人に申付け、その時間に合わせて自ら起床すること。

もし宿の主人が起きていない時は主人を起こし、膳ができる迄に支度をして、草鞋(わらじ)を履くだけにして膳に向うこと。そうしないと、人や馬の用意も自然といい加減になり都合が悪いものだ。旅にては貴賎ともにこの決まりを守らなければ、備え悪いことを知っておくこと。

解説

くずし字

人足 頼む 明朝
人足 頼む 明朝
にんそく たのむ めいてい
荷物の運搬など力仕事に従事する労働者のこと。 頁(おおがい)「類」「頭」もこの様にくずす。 」「朝」は難読だが頻出文字。
用意 守
用意
ようい まもる
「用」のくずし字は左側縦棒を書かない。 「守」のくずし字は「寺」のくずし字に酷似。

用語

  • 相対(あいたい):当事者同士が直接対談のうえ決めること。相互に対談して合意すること。
  • 等閉(とうかん、なおざり):おろそか、手落ち、いい加減。

MEMO

史料は『旅行用心集』道中用心六十一ヶ条の第四条。ちょっと長い条文ですが、宿泊の心得について紹介しています。

「おもてなし」はさも日本の伝統のように世間で通用しているようですが、江戸時代では外国船しかり、宿においてもそのような風俗は意外に見受けられないようです。というのも「おもてなし」は、儒教におけるの概念ともまた違うと思いますので。

史料情報

  • 表題:旅行用心集
  • 年代:文化7(1810)/出所:八隅芦庵/宛所:須原屋伊八外/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3361
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

旅行用心集

1.概要 2.東海道 木曽路・3.そのⅡ 4.旅の前日 5.持ち物

6.チェックイン・7.アウト 8.食べ物 9.毒虫 10.ソリ

11.雪かき道具 12.頭巾、帽子 13.履物・14.かんじき、下駄

15.足ツボ 16.必需品 17.スーツケース 18.日記の書き方

19.天気予報 20.白澤 21.旧国名地図

関連記事

儒教 五常