くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 儒教

儒教

五常とは 仁、義、礼、智、信 簡単解説

三綱五常

三綱 父子、夫婦、君臣
五常
四徳 -
意味 規律 見識

五常配色は陰陽五行説による。

五常とは

三綱との関係

三綱(さんこう)とは儒教で、父子、夫婦、君臣のことで、基本的な人間関係を表します。

これに対し五常(ごじょう)とは儒教で、仁(じん)義(ぎ)礼(れい)智(ち)信(しん)のことを言います。魏の何晏(かあん/一九三?~二九四)が三綱と五常をまとめて三綱五常(さんこうごじょう)と言い、また三綱はもとは法家の思想という説があります。

三綱が父子間の孝、夫婦間の貞、君臣間の忠という具体的な人間関係に対し、五常は抽象的な道徳です。然しながら、五常の適応範囲が三綱に限られると、現代において儒教が通用しなくなります。

現代において三綱を強調して儒教を否定したい人もいれば、五常に焦点を当てて儒教を顧みる人もいます。解釈に幅の広さがある――これが儒教の特質とも言えるでしょう。

また五常は陰陽五行説に対応し、仁は木気、義は金気、礼は火気、智は水気、信は土気にそれぞれ配当されています。

四徳(しとく)

五常のうち信を除く仁義礼智をとりわけ四徳と言います。四徳の意味は下記『孟子(告子章句上)』に記されています。

「敬い慎む心や、是非を判別する心は誰でも持っている。このあわれみの心は仁であり、恥ずかしいと思う心は義であり、敬い慎む心は礼であり、是非を判別する心は智であるのだ。仁義礼智の徳は、決して外からメッキされたものではなく、自分がもともと持っているものである。ただ人はぼんやりしていてそれでに気づいていないだけだ。」

解釈は様々

五常・仁義礼智信の意味といっても、孔子の『論語』をベースに、孟子、荀子、韓非子など古代より人によってその解釈は様々です。儒者を志す人は一般に、中国でも朝鮮でも日本でも、師匠の門下に入ってその解釈を学んでいきました。

反面、仏教やキリスト教など宗教とも違って、どこかの党派に属さなければならないということも特にありません。独学で学んだり、師匠と逆のことを説きはじめる人もいました。国内だと独学派は藤原惺窩荻生徂徠です。一方彼らに弟子はいて、惺窩の門下(藤門)に林羅山、惺窩の孫弟子に当たる木下順庵門下(木門)に新井白石などがいます。

五常を真に理解することは大変難しいです。仁義礼智信の意味に正解はないので、孔子の生涯ないしその思想を描いた『論語』や経書(儒教の経典)を読むしかありません。そんな今更カビ臭い…と言われそうですが、AIだなんだの言っている現代社会においては逆に「新しい」と感じるはずです。

  

参考文献

  • 土田 健次郎『儒教入門』(東京大学出版会、2011年)

儒教

五常とは/仁とは義とは礼とは智とは信とは

関連記事

荻生徂徠とは『政談』/新井白石『折りたく柴の記』/陰陽五行説十干十二支干支