くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 荻生徂徠・政談

荻生徂徠『政談』1

荻生徂徠とは 千葉に流された反骨の儒学者

プロフィール

荻生徂徠画像
荻生徂徠

荻生徂徠(寛文六(1666)~享保一三(1728))は江戸中期の儒学者。通称は惣右衛門、徂徠は号。また物茂卿(ぶつもけい)と自称。

中国古代の儒家の書を価値の基準とした古文辞(こぶんじ)学派の祖。江戸時代の思想界において最も影響を与えた人物といっても過言ではありません。

代表作『弁道』『弁名』の二弁ほか『学則』等を読むと、現代においてなお『論語』や五常などを学ぶ上で参考になります。

当サイトでは、徂徠晩年の著作で日本政治論の『政談』を見ていきます。が、その前に彼の一風変わった経歴をご紹介しましょう。

生涯

1.千葉に流される

徂徠の祖先は、もとは三河地方の武士・荻生氏で、祖父の代から医者になり、父の方庵(ほうあん)は五代将軍・綱吉の側医となりました。

学問を志すには申し分のない環境に生まれた徂徠。しかし一四歳の時、父・方庵が綱吉の機嫌を損ない、江戸払いとなり、家族ともども上総国長柄郡(千葉県茂原市)に流されました。

それからというもの千葉の田舎で、徂徠曰く「君子もおらず、農山漁民たちとともにいた。書物が好きだったが、借りる書もなく、友だちや親戚の交流の楽しみもなく、一二年。当時ははななだ悲しんで不幸だと思った。」…という暮らしをしていました[1]。

しかし徂徠は、農山漁民たちと交わりながら、彼等の生活実態を鋭く観察していまいsた。

2.久しぶりに見た江戸

二七歳あたりになって徂徠はやっと許されて、江戸に戻りました。

「一三年を経て御城下に帰ってみれば、御城下の風は以前とは抜群に代わったのを見た。」「始めから御城下に住み続けたらば、自然と移る風俗ゆえ、うっかりして全く気付かなかったであろう。」(『政談』巻之一)[2]。

また徂徠は、自分の学を「南総の力」によるものだとも言いました[3]。

こうして江戸に戻った徂徠は、綱吉の寵臣・柳沢吉保に仕え、綱吉の御前に出て、講義や議論を命せられる機会も多くなりました。しかし宝暦六年(1709)綱吉死去、一朝にして吉保の幕府における権勢は失われました。徂徠この時四四歳。

吉保のはからいで藩邸を出て江戸市中に居住を許された徂徠は、日本橋茅場の私宅を構えました。ここを中華風に蘐園(けんえん)と称し、学問に専念することに。

3.ライバルの新井白石

これに対し、六代将軍・家宣のもとで幕府に登用された新井白石は、正徳の治を実現することに努力。家宣将軍祝賀として朝鮮使節が来日。この時の白石の措置へに対し、徂徠は「新井なども文盲なる故、是等のことに了簡つかぬ也」(『政談』巻之三) [2]と批判しています。

白石は徂徠より九歳年上の儒学者。上総国(千葉県)久留里(くるり)藩主の土屋家に仕えていた白石の父が、白石二一歳のときに主家から追放され牢人となり、その後一五年間にわたり貧窮な生活を送らなければならなかった――という奇しくも徂徠と同じ様な体験をしていたのでした。

白石について詳しくは本人著『折りたく柴の記』をご参考ください。

4.復活の晩年

幼い将軍・家継の死去により、吉宗が登場すると、白石と徂徠の立場が再び逆転。吉宗は旗本譜代大名からの、これまでの側近政治に対する反感を見てとり、白石ら側用人を排除しました。

享保の改革を断行する吉宗は、徂徠を幕臣に登用しようとしましたが、徂徠の方で何故か断ってしまいました。しかし吉宗から政治に関する意見を求められると、徂徠は千葉での体験を踏まえた体系的政治論である『政談』を献じました。徂徠この時六一歳。その二年後、六三歳で生涯を閉じました。

死後『政談』に示された政治改革論は、その後の幕府や諸藩の政治、思想界に大きな影響を与えていくのでした…。

補註

  1. 頼祺一 (編集)『儒学・国学・洋学 (日本の近世) 』(中央公論社、1993年)
  2. 辻達也 校注「政談」『日本思想大系〈36〉荻生徂徠』(岩波書店、1973年)
  3. 1.同書。

荻生徂徠『政談』

1.荻生徂徠 2.本書概要 3.武士の非正規 4.旅宿暮らし

5.武士の貧困 6.医者 7.国替 8.外様譜代 9.国の困窮

10.歴史に学ぶ 11.貧困解決策 12.経済活動 13.スピード社会

14.物作り 15.衣服 16.品格 17.代官 18.御徒与力 19.人材登用

関連記事

古文書_最初に覚えること漢文との違い江戸時代の自然災害