くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 荻生徂徠・政談

荻生徂徠・政談その8

外様大名と譜代大名の違い

外様大名と譜代大名

外様と譜代の違いと共通点

徂徠は政談(巻一)の中で、知行所に居住している外様大名の長所について、譜代大名との違いと共通点とともに述べています。早速見てみましょう。

外様に甘くて、譜代に厳しい幕府?!

「現在の外様大名の所替え(ところがえ・大名の領地を他に移しかえること)は例がないことであって、譜代大名ばかり所替えを仰せつけることは、これまた不公平で宜しくないことである。

所替えの物入りはおよそ十年の痛手となると昔より申し伝わっている。これより昔は、所替えには決まって加増があった。その後には金をくだされるようになった。近年その手当てがないことは、幕府の金がないゆえである。

外様大名を苦しめないで、譜代大名を痛めることは何の道理か、ナゾである。」

実質は違いなし

「譜代・外様と言えども今は名ばかりで同じことなり。

江戸幕府の始めの頃は、外様大名は敵対する者の子孫なので用心があった。譜代も武功の者の子供で、成る程、その頃迄は違いがあるけれども、今日に至ってはいずれも親族関係の中になって、いずれも江戸育ちで、江戸を故郷と思っている。」

武士は知行所に住むべし

「全般に外様大名が奥ゆかしい所があるのは、所替えをせずに、古き風俗を持ち伝わるゆえのことである。

そうであるならば、お咎めあっての所替えは別として、今後は所替えを止めて、大名の家中の武士にも皆知行所を与え、知行所に住ますようにすれば、戦時の軍兵の数は昔に戻って、日本武道の再興となるであろう。」

  

政談の現代語訳について

当サイトの政談の現代語訳は、吉川 幸次郎, 丸山 真男, 西田 太一郎, 辻 達也 (著)『日本思想大系〈36〉荻生徂徠 (1973年) 』(岩波書店、1973年)をもとに当サイトの運営者が現代語訳しました。

その際、荻生 徂徠 (著), 尾藤 正英 (翻訳)『荻生徂徠「政談」 (講談社学術文庫) 』(講談社、2013年)も参考にさせていただきました。

荻生徂徠・政談

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家/5.武家は田舎に居住すべし!

6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由/8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!

11.貧困を救う道/12.金で物を買う将軍/ 13.スピード社会・江戸/14.スピード重視の家

15.衣服の制度がない/16.上に立つ者の品格/17.代官とは/ 18.御徒・与力とは/19.人の器とは

関連記事

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ組合村小組合大組合