くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 儒教

儒教

智とは 儒教道徳(五常)解説

五常

五常 四徳 意味
あわれみの心
恥ずかしいと思う心
敬い慎む心
是非を判別する心
- 誠の心

五常配色は陰陽五行説、意味は『孟子(告子章句上)』より。

孟子は孔子の仁の持っている要素を二分して、仁と義としましたが、同時に仁義礼智の四つにも分けました。これを四徳と言い、四徳に信を加えて五常と言います。智の意味は、単なる知性ではなく道徳的に認識し、また判断する能力です。

孟子において仁義礼が個別に取り上げ力説しているのに対し、智はもっぱら仁義礼と共に語られます。逆にいえば智は仁義礼なしに語ることが難しいといえそうです。また経書『論語』『礼記』などにおいて、仁義礼を力説することはあっても、智を語る経書というのは恐らくほとんどないです。そのような事情から、智という語に孟子個人の考えが打ち出されているようにも思えます。

『孟子』

  • 「敬い慎む心や、是非を判別する心は誰でも持っている。このあわれみの心は仁であり、恥ずかしいと思う心は義であり、敬い慎む心は礼であり、是非を判別する心は智であるのだ。仁義礼智の徳は、決して外からメッキされたものではなく、自分がもともと持っているものである。」『孟子(告子章句上)』
  • 「仁の中心は親に仕えること、義の中心は兄を立てることである。智の中心はこの両者、すなわち親に仕え兄を立てることの大切さを知って退かぬこと、礼の中心はこの両者のやり方を程よく美しく整えることである。」『孟子(離婁章句上)』
  

参考文献

  • 木村英一・鈴木喜一訳「論語」、藤堂明保・福島中郎訳「孟子」、竹岡八雄・日原利国訳「荀子」、竹内照夫訳「礼記」『中国古典文学大系 (3)』(平凡社、1970年)
  • 土田 健次郎『儒教入門』(東京大学出版会、2011年)

儒教

五常とは仁とは義とは礼とは/智とは/信とは

関連記事

荻生徂徠とは『政談』/新井白石『折りたく柴の記』/陰陽五行説十干十二支干支