くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸幕府の改革

江戸幕府の改革

寛政の改革 松平定信による囲米、異学の禁など

目次

1.概要 2.背景外国船の来航自然災害

3.政策農政武家・天皇外交教育・教化

4.結果参考文献幕府の改革関連記事

1.概要

寛政の改革とは、老中・松平定信が行った、天明七年(1787)~寛政五年(1793)の約五年間に行われた政策の総称。祖父の八代将軍吉宗が行った享保の改革を模範しました。然しながら享保の改革とは大きな相違点があります。

享保のころは、もっぱら国内問題にだけ取り組んでいればよかったですが、寛政の改革は新たに外交問題が加わりました。また失脚した老中・田沼意次の政策は商業中心でしたが、定信の政策は自然災害の背景をとして重農主義となりました。 それでは以下に寛政の改革の詳細を見てみましょう。

2.背景

外国船の来航

寛政三年(1793)紀伊大島(現 和歌山県)にアメリカの船が初めて日本に来航。民間の貿易証人で、これは単にラッコの毛皮を売りに来ただけですが、そのあともアメリカ商船やら捕鯨船やらが続々と来航。幕府にとってキリスト教は断じて許されず、目の当たりする―科学技術も脅威でした。

自然災害

有名な天明の飢饉を背景に寛政の改革が行われました。

3.政策

農政

  1. 囲米(かこいまい)寛政元年(1789):幕府領農村郷蔵の設置させ、非常時の窮民救済に充てる。
  2. 公的貸付政策:荒地起返(あれちおこしかえし)并(ならび)小児養育御手当御貸付金。荒廃した耕地の再開発に必要な資金を供給と小児養育金の支給。
  3. 人返しの法 同二年(1790):旧里帰農(きゅうりきのう)奨励令 。江戸に流入した農民を資金を与えて帰村させる。帰村は四人のみ。
  4. 人足寄場(にんそくよせば)同年(1790):江戸石川島に設け、無宿を収容。

武家、天皇

  1. 棄捐令(きえんれい)寛政元年(1789):窮乏した旗本らを救済するため、1784年以前の札差(ふださし)からの借金返済を免除。
  2. 倹約令:大奥の費用を三分の一に切り詰めた。
  3. 大政委任論:大政の権限を有する天皇が、将軍に委任しているという政治論を明確化。近世初頭、朝廷が衰微していただけであって、元からこのような考え方があるわけではなかった。

外交

  1. 海岸防備の強化:鎖国を祖法として維持。(家康は鎖国をしろとは言っていない。)

教育・教化

  1. 寛政異学(いがく)の禁 寛政二年(1790):朱子学(儒教の一学派)を幕府の正学と定め、湯島聖堂においてそれ以外の異学と講義の研究の禁止。
  2. 孝議録(こうぎろく)の編集・刊行:孝行者忠義者などを表彰する。

4.結果

田沼意次時代の賄賂横行から幕政の公正化を目指し、官学を朱子学(儒教)と定めただけあって政策に政が見て取れます。然しながら鎖国を祖法としても、外国から日本に来る船は止められません。

また農業では食べて行けず村を捨て、江戸に出る若者は増加の一途を辿りました。それをまた人返しの法を発令しても、本人たちも好きで江戸に来ているわけではないので、それは無宿と呼ばれる人々で江戸中後期の大きな社会問題となりました。

参考文献

  1. 藤田覚『近世の三大改革』(山川出版社、2002年)
  2. 所沢市史編さん委員会編『所沢市史上』(所沢市、1991年)

幕府の改革

1.自然災害 2.享保の改革 3.寛政の改革 4.無宿

5.関東取締出役 6.文政の改革 7.組合村 8.天保の改革

儒教:古学派・荻生徂徠、朱子学・新井白石