くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸幕府の改革

江戸幕府の改革

関東取締出役とは

組合村

概要

の戸籍(宗門人別改帳)から外れた者、いわゆる無宿(むしゅく)を取締り、また村から無宿を出さないよう幕府は、文化二年(1805)関東取締出役(でやく、しゅつやく)を設置しました。八州廻り、八州取締役とも呼ばれています。

組織、役割

関東取締出役は、関東代官の手代・手附から二名ずつ、勘定奉行直属の下二名、計八名が任命され、二名一組でたえず水戸藩領を除く関東八か国を巡回。犯罪者や無宿者を取り締まりました。最初六人で回っていましたが、八州取り締まりについているといばれるので、道案内役は増えていきました。

幕府は関東取締出役に続いて文政の改革において、関東一円に組合村を編成。関東全域を取り締まり対象として、幕府代官支配所、大名領、旗本知行所、寺社領の区別なく組合村を組織し、その組織に依存して、関東取締出役は警察権を行使し、個別領主単位の支配を変質させていきました。

  

幕府の改革

1.江戸時代の自然災害/2.享保の改革/3.寛政の改革/4.無宿とは

5.関東取締出役/6.文政の改革/7.組合村/8.天保の改革

参考文献

  • 所沢市史編さん委員会編『所沢市史上』(所沢市、1991年)

関連記事

江戸時代人口武士の俸禄年貢米の納め方相給とは旗本とは

/2019年10月21日 公開