くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸幕府の改革

江戸幕府の改革

文政の改革 無宿、八州廻り、組合村編成など

目次

1.概要 2.文政改革 法令前文 五か条後文 四〇か条

参考文献幕府の改革関連記事

1.概要

文化文政の時期は凶作があり、武蔵国の名主吉田市右衛門の文書(文政一一年)では「浅間山の噴火以降は、大雨の折りに度々出水して秋の作物が流失」などとあります。

このような荒地の増加に伴い、の人別帳(戸籍)から外された無宿が大きな社会問題となりました。無宿の増加は本百姓崩壊を意味し、幕藩体制の崩壊の危機となります。幕府は無宿対策として、文化二年(1805)関東取締出役(八州廻り)を創設。続いて、文政一〇年(1827)御取締御改革こと文政改革を断行しました。

文政改革令は、前文五か条、後文四〇か条からなる法令と関東一円に組合村を編成したところに大きな特徴があります。

2.文政改革 法令

前文 五か条

  1. 無宿の取り締まり:前文一条目、後文四〇か条のうち六か条にわたり無宿について書かれている。
  2. 悪者・無商売の取り締まり
  3. 神事祭礼婚礼仏事の質素倹約:関東筋の村々は(当法令曰く)とりわけ冠婚葬祭等が派手になり、費用が莫大となり、生活が困窮する状況になったため。参考:五人組前書 第八条(文政一二年)
  4. 歌舞伎・手踊り・繰(くり)芝居・相撲の禁止:農民が一か所に集まり、一揆の導線になることを恐れた。
  5. 農間(のうかん)余業の取り締まり:石高制の崩壊が幕府の崩壊であり、農業に集中してもらわないと困るため禁止とする。

後文 四〇か条

若者仲間の禁止、賭博の取り締まり、来村者への警戒、村入用の軽減、公儀法度の軽減、強訴・徒党の企画者の秘訴、奇特者の顕彰、組合村の編成・役割など。

それでは文政改革の特徴である組合村について次項で詳しく見てみましょう。

参考文献

  • 所沢市史編さん委員会編『所沢市史上』(所沢市、1991年)

幕府の改革

1.自然災害 2.享保の改革 3.寛政の改革 4.無宿

5.関東取締出役 6.文政の改革 7.組合村 8.天保の改革

文政一二年・五人組前書

概論一~ニ条(御公儀、御用)/三~六条(年貢米、忠孝)

七~九条(民事、徒党騒動)/一〇~一二条(博奕、交際)

一三~一四条(失踪人、鉄砲)/連印差出人・宛名