くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の繋がりと地域社会

江戸時代の繋がりと地域社会その2

年貢の課せられ方

年貢の課せられ方

年貢は個人ではなく村に課せられる。

江戸時代が地域の人々と強い繋がりを持っていた理由として、まず一つに個人ではなく「村」に年貢が課せられたことが挙げられます。

ここが古文書ネット村だとして、あなたや私を含む古文書ネット村に住む10人に一年間で300万、税金を課せられたとしましょう[註1]。そうすると古文書ネット村のみんなで力を合わせて納めていくしかありません。

宇野さんのうちは傾きかけているから少なめに、その分、あなたのおうちはお金持ちそうだから、多めに納めてもらう。そんなふうにみんなで助け合い、相談しながら納めていく。それが江戸時代の村共同体と言われるものです。

以上のことから、村人たちが好きで地域と繋がっていたというよりは、地域と繋がるしかなかった社会の中で生きていたとも言えます。

何故私が都市江戸ではなく村を取り上げているのかと申しますと、江戸時代の人口の8割は農民だからです。

さて、上の図に「代官」の名が見られます。時代劇でもお馴染みの、このお代官様は幕府の役人(武士)で、治安維持等いろいろな役目があるのですが、大事な役目の一つが村から年貢を徴収することでした。

年貢米の納め方についてはこちらのページをご参照ください。

  

補註

註1:ここではわかりやすいように古文書ネット村に住む10人という設定にしましたが、江戸時代の一村あたりの人口はおよそ400人になります。

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図/4.五人組の役割/5.男性家長の役割

6.地域で支え合う介護/7.老後の生活/8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係/10.子供は村の子

11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに

関連記事

年貢米の納め方武家は田舎に居住すべし!-荻生徂徠・政談年貢定免請状年貢の納め方、助郷-百姓往来