くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 江戸時代の暮らし

江戸時代の暮らし1

年貢の課せられ方 個人ではなく村ごとに課す

年貢の課せられ方_江戸幕府支配

村に課せられる。

江戸時代が地域の人々と強い繋がりを持っていた理由として、まず第一に個人ではなく「村」に年貢が課せられたことが挙げられます。

ここが古文書ネットだとして、あなたや私を含む当村に住む五〇戸に一年間で一千五百万円、税金(年貢)を課せられたとしましょう[]。しからば、当村のみんなで力を合わせて納めていくしかありません。

五人組にも代表されるように、村人たちが好きで地域と繋がっていたというよりは、地域と繋がるしかなかった社会の中で生きていたとも言えます。然しながらこうした体制がうまくいっていたといえば、そんなことはなく、江戸中後期には人別帳(戸籍)から外された無宿と呼ばれる人が増加し、村は荒廃していました。

何故、都市江戸ではなく村を取り上げているのかといえば、江戸時代の人口の八割は百姓だからです。ところで上図に代官の名が見られます。時代劇でもお馴染みの代官は幕府の役人(武士)で、治安維持等いろいろな役目がありますが、大事な役目の一つが村から年貢を徴収することでした。

補註

村の基礎データによれば村高平均五〇〇石。四公六民により(500×4÷10=)二〇〇石。円換算すると(200×75,000円=)一千五百万円。農村戸数平均五〇戸として一戸あたり(15,000,000÷50=)三〇万円。人口約四〇〇人により一人あたり(15,000,000÷400=)約40,000円。

江戸時代の暮らし

1.年貢の課せられ方 2.村方三役 3.五人組 4.男性家長 5.老後

6.仮の親子関係 7.子育て 8.無尽とは 9.講とは 10.印鑑文化

関連記事

年貢米の納め方武家は田舎年貢定免請状百姓往来