くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

人別送り状その1 銀次郎娘とよ

史料

人別送り状 銀次郎娘とよ

※無断転載禁止

解読文

送り一札之事/一 百姓銀次郎娘とよ弐拾壱才

右之もの儀、坂井村伝七殿媒人を以、同村友次郎殿女房二差遣し処実証也、然上者当村人別相除キ、其御村方宗門御帳面二御書始可被成候、尤銀次郎御法度宗門二者決而無御座候、依而送り一札差出申当如件

嘉永二年酉四月日/牛奥大四郎知行所 武州男衾郡西古里村 名主・為一郎㊞/坂井村 御役人中(読み下し文はこちら

現代語訳

送り一札の事(戸籍を送り移します)/当村の百姓・銀次郎の娘とよ21才は、板井村・伝七殿の仲人(なこうど)により、坂井村・友次郎殿の女房として嫁入りすることに間違いありません。

然る上は当村の戸籍(宗門人別帳)から除いたので、御村方の戸籍(宗門人別帳)にお書き加えください。もっとも銀次郎は禁制の宗派(キリシタン)では決してありません。よって送り一札差し出ますところ上記の通りです。

嘉永(江戸後期)二年四月/牛奥大四郎知行所 武州男衾郡西古里村(現・埼玉県大里郡寄居町)名主・為一郎㊞より/坂井村(現・埼玉県熊谷市) 御役人の方々へ

解説

送り一札=人別送り状

送り一札(おくりいっさつ)とは、人別送り状(にんべつおくりじょう)あるいは村送手形ともいって、住民が嫁入りとか入り婿・年季方向など籍を他所に移住する際、村役人が移転先へ発給した送籍状です。

宗門帳=宗門人別帳=宗門御改帳

宗門御帳面とは、宗門人別帳(しゅうもんにんべつちょう)・宗門御改帳(おあらためちょう)ともいい、キリシタン信徒を摘発するために作成された帳簿です。家族の名前や年齢、所持高、婚姻・雇用の年月日、家畜などが記され、戸籍簿の機能を持っていました。

嫁入りの場合の書式

史料は人別送り状の典型で、嫁入りの場合、書式は概ね以下通りです。

  1. 表題(人別送り状、送り一札之事など)
  2. 自分の村の娘が○○の仲人によりあなたの村の者と結婚します。
  3. 自分の村の宗門人別帳からは抜きましたので、あなたの村の宗門人別帳に加えてください。
  4. この娘の実家(親)はご法度の宗派(キリシタン)ではありません。
  5. 日付/差出人・名主の名前/宛名・移転先の村の名主の名前

通行手形離縁状しかり、人別送り状も書式が決まっているので、くずし字の解読が難しくても、型さえ覚えてしまえば、結構読めてしまうと思います。

それではおさらいの意味で次のページで別の送り一札に挑戦してみましょう!

  

史料情報

  • 表題:送り一札之事(銀次郎娘とよ)
  • 年代:嘉永 2酉. 4/出所:名主・為一郎/宛所:板井村役人中
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家700
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.済口証文/14.金子証文

15.質地証文 解読文,16.解説/17.年貢定免請状/18.年貢受取状/19.村絵図とは,20.右側解読,21.左側解読

22.急廻状請取り

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など/5.勧化・旅僧・座頭など

6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!/8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信