くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

奉公人請状2-2(森重郎奉公ニ付)

史料

全体図

奉公人請状2-2全体図

※無断転載禁止

黄色枠内拡大

奉公人請状2-2

※無断転載禁止

解読文

然上者、御奉公之儀者何ニ而茂、御家之作法為相背申間敷候、若俄ニ病者等ニ罷成候ハヽ、其身同様之人代成共、増金成共畏次第可仕候、万々一取逃欠落等仕候ハヽ、其雑物御勘定次第、相并貴殿江少茂御損耗相掛ケ申間敷候事、一 御公儀様  御法度之儀者不及申候上、何二而茂御家風為相背申間敷候事

読み下し文

しかるうえは、御奉公の儀はいかにても御家の作法相背せ申すまじく候、もし俄かに病者等にまかり成りそうらわば、その身同様の人代(ひとがわ)りなりとも、増金(ましきん)なりとも畏み次第仕るべく候、万々一(まんまんいち)取逃げ欠落等仕りそうらわば、その雑物御勘定次第、相ならび貴殿へ少しも御損耗相掛け申すまじく候こと

一 御公儀様  御法度の儀は申すに及ばず候うえ、いずれにても御家風相背かせ申すまじく候こと

現代語訳

この上は、御奉公のことは何としても御家の作法に背かないようにさせます。もし俄かに病者等になりましたら、その身と同様の人が代わり、金銭の負担が増えても契約を続行します。もしも窃盗や逃亡等しましたら、その盗品等をお支払いすると共に貴殿へ少しもご迷惑をおかけしません。

一 御公儀様(幕府)の法令のことは言うまでもなく、御家の掟に背かせません。

解説

史料で「申間敷候(もうすまじくそうろう)」が三回出てきますが、「~申しません」という意味もありますが、ここでは全て「~いたしません」の意味で使われています。万々一(まんまんいち)とは、万一を強調した言い方で「もしも」の意味です。

  

史料情報

  • 表題:奉公人請状之事(森重郎奉公ニ付)
  • 年代:政 5午.12./出所:大里郡大麻生村てゑ外2名/宛所:板井村平重郎
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家445
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:離縁状 解読文,解説

人別送り状:銀次郎娘とよ平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山