くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

不義密通の済口証文

史料

済口証文

※無断転載禁止

解読文

乍恐以書付奉申上候

御知行所武州男衾郡坂井村平兵衛奉申上候、御相給亀井与十郎様御知行所・同村百姓倉之助後家とわゟ、富次郎迄江相懸ノ不法出入申立奉出訴候一件、

御吟味以前御座候所、長命寺并武右衛門両人取扱立入右一件、双方無申分熟談内済仕候ニ付、此段書付を以御届ケ奉申上候、以上

御知行所 武州男衾郡坂井村 名主・平兵衛/嘉永元年申年十月十八日/御地頭所様 御役人中様(読み下し文はこちら

現代語訳

恐れながら書面をもって申上げます。御知行所の武州男衾(おぶすま)郡板井村・平兵衛が申し上げます。

御相給(一村を複数の領主が分割知行する)亀井与十郎様御知行所の我が村に百姓・倉之助の後家(未亡人)とわより富次郎とが関係を持ちました。

この不義密通の紛争を申し立てた訴えについて、御尋問を受ける前に長命寺並び武右衛門が両人の取扱いに立入り、双方の申分なく熟談のうち和解しました。この件について書面にて御届け申し上げます。以上

御知行所 武州男衾郡板井村(現・埼玉県熊谷市)名主・平兵衛

嘉永元年(江戸後期)申年十月十八日/御地頭(旗本・亀井与十郎)様 御役人の方々様

解説

済口証文(すみくち-しょうもん)とは

済口証文とは、内済(ないさい)証文または内済取替(とりかわし)証文とも言い、紛争の対立者の間で和解が成立した時、和解事項を記した同内容の証文を当事者同士が取り交わしました。

また調停者がいればその人にも双方が捺印して渡し、訴訟事件であれば奉行所に同文で報告。民事裁判では、なるべく内済するよう奉行所で調停する人を世話をすることもあり、済口証文は判決書に等しい重さを持ちました。

江戸中期、不義密通は死罪とされましたが、江戸末期になると死罪のような極刑に処する判例や法令は見えなくなりました。史料は、和解が成立した紛争について当事者の村の名主が役所に報告している済口証文です。

  

史料情報

  • 表題:乍恐以書付奉申上候
  • 年代:嘉永元.10.18/出所:名主・平兵衛/宛名:御地頭所様 御役人中様
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家529
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.済口証文/14.金子証文

15.質地証文 解読文,16.解説/17.年貢定免請状/18.急廻状請取り

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など/5.勧化・旅僧・座頭など

6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!/8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信