くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

奉公人請状2-1(森重郎奉公ニ付)

史料

全体図

奉公人請状2-1全体図

※無断転載禁止

黄色枠内拡大

奉公人請状2-1

※無断転載禁止

解読文

一 当年御年貢皆済金ニ差詰候ニ付、此森重郎申男慥成者ニ付、我等請人ニ罷立、当年極月ゟ来ル未極月迄、壱年季御奉公ニ差出し、御給金之儀者、金㊞五両ニ相究申候処実正御座候、

然処、金㊞六両身之金立替金給(都)合㊞拾壱両、只今㊞慥ニ借用仕候、尤身之金六両之儀者、相当利分差加へ来未ノ十二月御暇マ之節、元利共無相違急度返金可仕候、貴殿方江少茂御損毛相掛ケ申間敷候事

読み下し文

一 当年御年貢皆済金に差詰め候に付き、この森重郎申す男たしかなる者に付き、我等請人(うけにん)にまかり立ち、当年極月(ごくげつ)より来ル未極月迄、壱年季御奉公に差出し、御給金の儀は、金㊞五両に相究(き)め申す候ところ実正御座候

しかるところ金㊞六両身の金立替金都合㊞拾壱両、只今㊞慥ニ借用仕り候、もっとも身之金六両の儀は、相当利分差加え来る未ノ十二月御いとま之節、元利共相違無く、きっと返金仕るべく候、貴殿方へ少しも御損毛相掛け申すまじく候こと

現代語訳

一 今年の年貢の完済に行き詰まり、この森重郎申す男は確かな者ですので、我等が保証人となり、今年の一二月より来年・一二月まで一年間奉公に差出します。

お給料のことは、五両(約375,000円)に決まりましたことは確かです。しかし金六両(約450,000円)は前渡し金としていただき、都合一一両(約825,000円)只今確かにお借りしました。

もっとも前渡し金の六両のことは、利息を加え、来年・未十二月にお暇の折に元利と共に間違いなく、きっと返金します。貴殿方へ少しも被害をおかけしません。

解説

奉公人請状は文面が比較的長いこともあり、古文書に慣れていない方でないと思いのほか難読だと思います。然しながら基本的な書式にそって書かれており、前ページの奉公人請状と比較しながら解読してみてください。古文書を読むときは繰り返しになりますが、まず日付、差出人、宛名を確認するクセをつけてくださいね。

  

史料情報

  • 表題:奉公人請状之事(森重郎奉公ニ付)
  • 年代:政 5午.12./出所:大里郡大麻生村てゑ外2名/宛所:板井村平重郎
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家445
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:離縁状 解読文,解説

人別送り状:銀次郎娘とよ平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説・森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ組合村小組合大組合